2011年3月14日
NNNのカメラだけが人類史に残る
事故発生の瞬間を捉えていた!

この事態を首相官邸は
どのように認知したのか?

緊迫の危機対応その全容とは・・・!?

3月14日、福島第一原発の事故対応にあたっていた内閣総理大臣補佐官・細野豪志(当時)が、
傍らにいる男に報告する。「総理……もうダメかもしれません」……
菅直人首相(当時)は天を仰いだ。日本は終わってしまうのか…!?

報道局原発班と政治部が入手した
スクープ証言から『日本の一番長い日』を
完全再現

多くの犠牲者が出た震災現場から
奇跡的に生還した人々をNNNのカメラが捉えていた!

・津波にのまれた旅館!・・・その時女将は?
・車ごと流された女性、奇跡の生還一部始終
・車載カメラが捉えた都市型津波の恐怖
・取材中津波に襲われたTVクルーが見たものとは?
 他、NNN各局の迫真映像からみえてきたものとは?

番組では、生存者の体験談をもとに、津波に遭遇した際の注意点を徹底検証!

1000年後に残したい映像から浮かび上がった
教訓とは?

そして・・・

有機みかんにブランド卵・・・インターネットショップで注文を繰り返しては、代金を踏み倒す「悪い客」。

取材班が追いつめると男は!?

新着ブログ

ブログ一覧