ストーリー

とある地方都市に住む富士岡耕太(大野智)には、これといった取り柄もなく、
情熱を捧げているものもない、そんなどこにでもいる普通の青年。
普通といっても人並みに悪さもした、遊びもした、大学は中退した・・・
そんな片田舎の普通の青年。
いつも見守ってくれている頼りになる父親の富士岡健二郎、手料理で家族の健康を管理する
心優しい母親の富士岡康子、家族のムードメーカーである姉の富士岡小春という、
温かい家族に囲まれてただ、なんとなく生きてきた、ごく普通の青年。

そんな耕太だったが、ようやくやってみようと思うことができた。
それは、料理。
美味しいものを作ってみんなに食べさせてあげたい。
耕太は、見習いコックとしてレストランで働き始めた。
就職をして、恋人の田辺絵津子とも順調に交際を進めていた、そんな矢先の出来事だった。
耕太は突然倒れ、病院に運ばれる。

医師の村山によって宣告された病名は、悪性リンパ腫。つまり、血液のガンだった。
―――ガンって何だっけ?
実感のなかなかわかない耕太だったが、それを機に耕太と家族の生活は、一変した。

想像を絶する治療に、耕太と絵津子、そして耕太と家族との間に、
微妙な距離感が生まれていく。
自分のせいで大切なものが壊れていってしまう―――。

つらい入院生活の中で、耕太に訪れる出会いが、耕太と彼の周りの人々の人生を変えていく。

ひとりの青年、原田信夫。幼い頃から発病し、人生のほとんどを病院で過ごし、
そこで様々な死を見つめてきた、義足の青年。
毎日、病院の屋上で不思議な体操を続けるひとりの男、呼吸さん。
ひとりの女性、大久保由里子。カウンセラーとして病院で働くが、どこか影のある、女性。
そんな出会いの中、耕太の中で何かが変わっていく。

そして、耕太はつらい抗がん剤治療に耐え、ガンに勝った。

しかし、再発。―――余命、三か月。

健二郎は「大丈夫だ」と力強く励まし、康子は愛情込めた手料理を作り、
小春は笑顔を絶やさず、家族は必死に耕太を支え続けた。

命の期限を知った耕太は「ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ」ことを決意する。
残された時間で、一体何ができるのだろうか?
耕太の、「ちゃんと死ぬための時間」が始まった。