イントロダクション

あなたは子どもに何を遺せますか?

命がけで産んだ我が子に
余命少ない母が教えた
「生きる上でもっとも大切なこと」とは…?

乳がんの女性と周囲の反対を押し切って結婚した新聞記者。
ふたりの結婚生活は闘病生活の連続でした。
そんなとき、ふたりに奇跡が起こります。
妻の千恵さんが妊娠…リスクが高いと言われながらも
千恵さんは命がけで「はなちゃん」を産みました。
はなちゃん5歳の誕生日、千恵さんはある決意をします。
「いつか自分がいなくなっても…はなが生きていけるように…」
千恵さんが夫と娘にバトンタッチしようとしたものは…?

「食べることは生きること」
このドラマは、がんとの闘いを通して、食べることの大切さを実感し、
命を見つめた家族愛の物語です。

真の意味での「家族」の絆とは?
そして「人」が「人らしく生きる」とはどういうことか、
このドラマは問いかけます。