24時間テレビ38 メインパーソナリティー決定!!
この夏、放送される「24時間テレビ38」のメインパーソナリティーに、
V6、Hey! Say! JUMPが決定いたしました。


V6は、1998年の「24時間テレビ21」で森田剛がチャリティーマラソンランナーとして100kmを完走、また2000年の「24時間テレビ23」で番組パーソナリティーを務めました。
また、Hey! Say! JUMPは今回が初めての「24時間テレビ」パーソナリティーとなり、番組史上初の「2世代メインパーソナリティー」の誕生となります。

4月5日(日)に放送された「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組NO.1決定戦」内にて、今年夏に放送される「24時間テレビ38 愛は地球を救う」のメインパーソナリティーをV6、Hey! Say! JUMPが務める事を発表。
同時に「24時間テレビ38」のテーマに関しても同放送内で発表致しました。


24時間テレビ38 テーマは 「つなぐ ~時を超えて笑顔を~」

家族が、親子が、兄弟が、先輩後輩が、友達同士が、見知らぬ者同士が...

命をつなぐ 夢をつなぐ 思いをつなぐ 記憶をつなぐ
遺志をつなぐ 友情をつなぐ 伝統をつなぐ 技をつなぐ...

年月とともに、様々な人が様々なものをつなぎ、現在(いま)があります。
そこには、様々な想いと様々なストーリーがあるに違いありません。

24時間テレビも今年で38回目、様々な想いをつないで、ここまで来ました。
今年は、過去を、未来を、時を超え、距離を超え、様々なものを「つなぐ」、そこに存在する様々な想い、ストーリーを紹介し、明日につながる24時間テレビにしたいと考えております。



【 V6 コメント 】
坂本昌行
僕らパーソナリティー、共演者の方々、そしてたくさんのスタッフの方々がまずはつながって、そこから「24時間テレビ」という番組を通して、日本中の皆さんとひとつになれたらと思います。

長野博
15年ぶりに「24時間テレビ」のパーソナリティーをさせていただきます。これまでもずっと「24時間テレビ」は見ていて、そのたびに感じることがたくさんありました。今回は僕らの世代、そして若い世代のHey! Say! JUMPと"2世代パーソナリティー"ということで、新しいことがたくさんできると思っています。これからまだ放送まで時間もあるので、たくさん練って、皆さんにいろんなことを発信していけたらと考えています。

井ノ原快彦
たとえば終戦から70年たっても、僕らは上の世代の方たちから戦争の話というのは伝えてもらって、受け継ぐことができていますよね。それをここで止めてしまってはいけない、我々は自分たちより下の世代に伝えていかなくてはならない。最近、そんなことを僕はよく思うんです。この「24時間テレビ」の日、皆さんもちょっと立ち止まって、そんなことを考えるきっかけになったら嬉しいなと思います。

森田剛
この歳になると、「家族の大切さ」を改めてすごく強く感じるようになりました。「つなぐ」という番組テーマのもとに、「家族の絆」「親子の思い」というものを伝えられたらいいなと思います。

三宅健
今回のテーマが「つなぐ」ということで、日本中がつながれるようにしたいです。たくさんの世代の方たちに見てもらえるような、日本人の「和の心」をつないでいけるような番組を作っていけたらと思っています。

岡田准一
自分たちの年齢が上がってくるとともに、「つなぐ」「受け継ぐ」ということを実感できる世代になってきたように思います。その実感をうまく番組に生かして、皆さんと一緒に感じられたらいいですね。
その日は24時間、日本中がつながれるような、愛のある番組にできるように頑張ります。


Hey! Say! JUMPコメント 】
山田涼介
V6の皆さんと僕たちHey! Say! JUMPが手をつなぎあうのはもちろんだと思いますが、当日武道館にいらしていただく方たちや、番組をご覧いただく皆さんも一緒に心をつなげて、全国に笑顔や感動を届けられる番組にしたいと思います。どうか皆さん、温かく見守ってください!

知念侑李
初めての「24時間テレビ」メインパーソナリティーということで、とても緊張しています。
この緊張感ばかりをつながないように気をつけて(笑)、皆さんに楽しさを届けられたらなと思います。
せいいっぱい頑張ります!

中島裕翔
V6の皆さんと、僕らHey! Say! JUMP、今回初めての"2世代パーソナリティー"ということで、番組の中でも新しいことにどんどん挑戦できたらと思っています。僕ら若い世代にしかできないこともたくさんあると思うので、それを生かして、いろんな方たちとつながっていきたいです。

岡本圭人
僕は「24時間テレビ」を通じて、日本の素晴らしい伝統や文化を、日本国内だけではなく、海外の皆さんにも伝えていけたらいいなと思っています。僕たちならではの"若さ"と"明るさ"で、日本中の皆さんにメッセージを届けたいです。

有岡大貴
僕自身、毎年夏は「24時間テレビ」を楽しみにしていたので、自分がメインパーソナリティーという立場になることができて、本当に光栄に思っています。V6の皆さんと一緒に、幅広い世代の方々に思いを届けられたらいいなと思います。

髙木雄也
「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを、V6の皆さんと一緒に務めさせていただきます。先輩方の力を借りながら、僕たちなりに一生懸命頑張りたいと思います。

伊野尾慧
今回のテーマが「つなぐ」ということで、47都道府県の皆さんの思いをつなぎながら、番組を作っていけたらいいなと思います。よろしくお願いします。

八乙女光
僕たちHey! Say! JUMPも、目には見えない強い絆でつながっていると感じることがよくあります。「24時間テレビ」を通じて、日本中の皆さんがそういった強い絆でつながれるように、V6の皆さんと一緒に頑張りたいと思います。

薮宏太
今回のテーマ「つなぐ」を通じて、身近な家族、友人など自分に関わってくれている人たちへの感謝の気持ち、「ありがとう」の気持ちの大切さを皆さんに伝えられたらなと思っています。



【 「24時間テレビ38」 道坂忠久 総合プロデューサーコメント 】
今回「24時間テレビ38」のテーマは「つなぐ」。
メインパーソナリティーも、史上初となる、世代をつなぐ2つのグループ、「V6」「Hey! Say! JUMP」の皆さんにお願いさせて頂きました。
「V6」の皆さんは、15年前にパーソナリティー(当時の呼称は「番組パーソナリティー」)をつとめて頂き、メンバーの森田剛さんには1998年にチャリティーマラソンランナーに挑戦して頂きました。その経験を活かして頂くことはもちろん、15年の年月を経た今回、大きく成長した彼らが、どんなメインパーソナリティーを見せてくれるのか、楽しみにしております。
初めてのメインパーソナリティーとなる「Hey! Say! JUMP」の皆さんは、これからの日本を担う若者世代の代表として、日本を、見ている人を元気にする「24時間テレビ」にしていただけるのではないかと思っております。
世代をつなぐ、この2つのグループのメインパーソナリティーの皆さんと、これから本番まで、時間をかけて、より良い番組を作ってまいります。