story

第7話 2013/05/25 放送

第7話では、3年A組で「ティーンコート」を模した学級裁判が繰り広げられます! 「ティーンコート」とは、30年ほど前からアメリカの司法に導入された制度。 10代の子供たちが検事、弁護士、陪審員を務め、未成年が起こした事件を裁くものです。 ティーンコートは罰よりも更生の機会を与えるために作られた制度で、法にのっとり裁判所で厳格に行われます。 ドラマではこの制度をモチーフに、高校の教室で模擬裁判を展開。 3A生徒は勿論、職員室の先生方まで巻き込んで、思いがけない真実が明らかに!?

ある朝、登校した亜矢子(米倉涼子)は、美月(新川優愛)の様子がいつもと違うのに気付く。しかも、他の1軍女子はリーダーだったはずの美月に対して、手のひらを返したような態度をとっていた。

そんな中、国木田高校が、十代の少年少女が起こした犯罪を同世代が陪審員となって裁くティーンコートの実験校に選ばれた。自分の評価を上げたい小泉(溝端淳平)は、3年A組でティーンコートをやると申し出る。

小泉が生徒たちにティーンコートについて説明しようとしたとき、美月が突然「私…盗撮されてるんです」と言い出す。美月によると、盗撮写真は1ヵ月ぐらい前にいきなり送り付けられてきたもので、以来ずっと狙われているらしい。今にも泣きだしそうな美月は「こんな気持ち悪いところ出て行きたい」と小泉に訴えるが、そんな美月を1軍女子は冷たく見つめる。

翌日、3Aでティーンコートが開かれる。亜矢子は、クラス全員が気になっている美月の盗撮問題を議題にするべきだと提案。すると美月は「犯人はわかってる。優奈(北山詩織)だ」と告発する。それに対して、優奈は「言いがかりつけるのやめてよ!」と完全否定。

ついに、美月が原告、優奈が被告となって盗撮に関するティーンコートが始まった。美月の弁護人に亜矢子。優奈の弁護人は萌(小島藤子)と梨花子(宮﨑香蓮)が務めることに。判決は、クラス全員の多数決に委ねられる事となった。

美月は、優奈は自分のことをずっと嫌っているから盗撮をしていたのだと証言するが、美月の主張に疑問を感じた亜矢子は、美月の弁護人でありながら美月を問い詰める。

しかし、美月を盗撮したカメラの映像から、優奈が飼っている猫の映像が出てきて――

TOPへ戻る ▲