2000年2月23日(水)

鮭のスイートサワーオニオン煮

素材の甘みとビネガーの酸味が調和した

  • 印刷

    主な食材

    ジャンル

    • 1人前あたり
    • ・エネルギー:369kcal
    • ・塩 分:1.5g

    印刷する

    材料(4人分)

    生鮭(塩、こしょう各少々)4切れ(約300g)
    玉ねぎ2個
     白ワイン大さじ3
     酢大さじ3
     砂糖大さじ1~2
     スープの素1個
     フェンネルシード小さじ1/2~1
    ピクルス8本
    じゃが芋2~3個
    ●塩、こしょう、バター

    作り方

    1
    生鮭は塩、こしょうをふっておきます。
    2
    玉ねぎは1cm厚さの輪切りにします。
    3
    鍋にバター大さじ1を溶かして(1)の鮭を並べ入れ、両面に焼き色をつけてとり出します。
    4
    (3)の鍋にバター大さじ3を足して玉ねぎを炒め、透き通ってきたら鮭を戻し入れます。
    5
    白ワイン、酢、砂糖、スープの素、フェンネルシードを加え、ふたをして弱火で約5分煮込み、ピクルスを加えて温め、塩、こしょう各少々で味をととのえます。
    6
    つけ合わせのじゃが芋は皮をむいて4つに切り、やわらかくゆでます。
    7
    器に(5)を盛って煮汁をかけ、(6)を添えます。
    ピクルス
    酸味を効かせて漬け込んだ、あっさり味の洋風漬けもの。一口サイズの小さなきゅうり、ガーキンの歯ごたえのよさが好評。
    フェンネルシード
    フェンネルの和名はういきょう。セリ科の多年草で、生葉はハーブとして、種子(シード)は粒や粉末でスパイスとして使われる。軽い甘みと苦みがある。
    鮭は表面のみ焼き固めておく(六分火を通す)。表になる面から先に焼く。
    玉ねぎは口径の小さい方を下にして焼くと返し易い。
    アドバイス
    • ・甘塩の鮭を使ってもよく、その場合は調味する塩の量を減らします。

    TOPへ