2017年10月28日(土)

ごはんのおとも3種

手作りの味は格別なのだ

  • 印刷

材料(作りやすい分量)

■なめたけ
えのき茸(大)2袋(400g)
だし汁3/4カップ
大さじ3
みりん大さじ3
しょうゆ大さじ3
■鮭フレーク
塩鮭(甘塩)3切れ(約250g)
大さじ1
少々
■ごぼうみそ
ごぼう2/3本(100g)
赤唐辛子1本
みそ200g
砂糖70g
1/4カップ
みりん大さじ2

作り方

1
なめたけ
レシピ画像
  1. えのき茸は根元を切り落とし、長さを3等分に切り、根元のほうはほぐしておく。
  2. 鍋にえのき茸、だし汁、酒を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして少ししんなりするまで火を通す。みりん、しょうゆを加え、途中アクをとりながら4~5分煮る。
◆保存は冷蔵庫で4~5日。
2
鮭フレーク
レシピ画像
  1. 鍋に湯4カップほどを沸かして酒を加え、塩鮭を入れて火が通るまで5~6分ゆで、とり出す。
  2. (1)の粗熱がとれたら、骨、皮、血合いの部分を除き、身をほぐす。
  3. フライパンに(2)を入れて弱火から中火にかけ、余分な水分を飛ばしながら炒りつけ、味をみて塩でととのえる(鮭に塩分がしっかりあるものは必要ない)。
◆保存は冷蔵庫で4~5日。
3
ごぼうみそ
レシピ画像
  1. 赤唐辛子は種を除いてみじん切りにする。
  2. ごぼうは皮をこそげて洗い、水気をふき、すりおろして鍋に入れる。みそ、砂糖、酒、みりんを加え、赤唐辛子も加えて混ぜる。
  3. (2)を中火にかけ、煮立ったら弱火にして木ベラで混ぜながら、8~10分煮つめる。
◆保存は冷蔵庫で2週間。
Point
木ベラで鍋底をかいたとき、くっきり筋が残るようになるまで混ぜながら煮つめる。
なめたけをのせたごはん
鮭フレークと青じそと炒り白ごまの混ぜごはん
ごぼうみそをぬった焼きおむすび
アドバイス
  • ・ごはんに添えるほか酒のつまみとしてもおすすめ、またあえものやサラダなどにも活用できます!
  • ・なめたけは冷奴に、鮭フレークはお茶漬け、ごぼうみそは田楽みそや野菜スティックなどのディップに使えます。

TOPへ