2018年6月15日(金)

いわしの玉ねぎマリネ

梅雨どきのいわしで作って

  • 印刷

    主な食材

    ジャンル

    • 1人前あたり
    • ・エネルギー:318kcal
    • ・塩 分:0.6g

    印刷する

    材料(4人分)

    いわし6尾(正味360g)
     (塩、こしょう各少々)
    玉ねぎ(大)1個(300g)
    レーズン大さじ3
    ▼マリネ液
     はちみつ大さじ1+1/2
     酢1/4カップ
     塩少々
     水大さじ3
    イタリアンパセリのみじん切り適量
    ●小麦粉、油

    作り方

    1
    いわしは手開きにする(下記参照)。尾を切り落とし、背ビレをよけて2枚に切り、片側についている背ビレを切りとる。
    2
    玉ねぎは縦薄切りにし、レーズンはぬるま湯に10分ほどつけてもどす。
    3
    マリネ液のはちみつ、酢、塩、分量の水を混ぜておく。
    4
    中華鍋に油大さじ1+1/2を熱し、玉ねぎをしんなりして透き通るまで炒める(焼き色をつけないように注意)。(3)のマリネ液、水気をきったレーズンを加え、ひと煮して火を止める。
    レシピ画像
    5
    (1)のいわしの両面に塩をふり、身側にこしょうをふり、茶こしに小麦粉を入れ、いわしの両面に薄くふる。
    レシピ画像
    6
    フライパンに油を5mm深さに入れて170℃に熱し、いわしの皮目を下にして入れ、揚げ焼きにする。皮目に焼き色がついたら返し、身側も焼き色をつけて火を通す。すべて揚げ焼きにしたら器に盛る。
    レシピ画像
    7
    (4)を再び温めて、(6)のいわしにかけ、イタリアンパセリを散らす。
    レシピ画像
    いわしの手開き
    (1)
    いわしは、包丁の先で尾から頭のほうに向けて軽くなでてウロコをとる。頭を切り落とし、腹側を肛門まで薄く斜めに切り落とす。
    (2)
    腹ワタをかき出し、中骨の血合いに沿って包丁の先で軽く切る。水できれいに洗い、水気をペーパータオルでしっかりとふく。
    (3)
    腹側を手前にして両手で持ち、親指の先を中骨と上側の身の間に深く差し入れる。
    (4)
    親指を中骨に沿わせながら左右に動かし、上側の身を中骨からはずして開く。
    (5)
    尾のつけ根で中骨を折り、そこから中骨を持ち上げ、腹側に向けてゆっくりと中骨をはずす。
    (6)
    尾を下にして置き、左側の腹骨全体を包丁ですきとる。次に尾を上にして置き、反対側の腹骨もすきとる。
    アドバイス
    • ・新玉ねぎとレーズンの甘みをひき出すのがおいしさのカギ。
    • ・いわしを焼く直前に小麦粉をまぶすこと

    TOPへ