2019年6月22日(土)

さば缶とオリーブのクレソンごはん/オイルサーディンとアスパラの柚子こしょうマリネ

  • 印刷

材料(4人分)

■さば缶とオリーブのクレソンごはん
さば水煮缶2缶(360g)
ブラックオリーブ(スライス)〈サラダクラブ〉2袋(50g)
クレソン2束(120g)
紫玉ねぎ1/2個(80g)
ごはん(温かいもの)600g
小さじ1/2
レモン汁大さじ2
粗びき黒こしょう少々
●オリーブ油
■オイルサーディンとアスパラの柚子こしょうマリネ
オイルサーディン3缶(360g)
グリーンアスパラガス8本(200g)
レッドキドニー(赤いんげん豆)〈サラダクラブ〉2袋(100g)
柚子こしょう小さじ1
オリーブ油大さじ1
●塩

作り方

1
さば缶とオリーブのクレソンごはん
  1. さばは缶汁をよくきる。
  2. 紫玉ねぎは縦5~6mm幅に切り、長さを半分に切り、水に3分ほどさらす。ザルに上げて水気をきり、さらに水気をふく。クレソンはざく切りにする。
  3. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、(1)のさばを入れて全体を焼きつける。
  4. ごはんを人肌まで冷まし、(2)の紫玉ねぎ、ブラックオリーブ、塩を加えて混ぜる。(3)のさば、クレソン、レモン汁を加えてさっくり混ぜる。器に盛り、粗びき黒こしょうをふる。
Point
さばは形をくずさずに返しながら、全体に香ばしい焼き目をつける。
2
オイルサーディンとアスパラの柚子こしょうマリネ
  1. アスパラガスは根元の固い部分の皮をむく。塩少々を加えた熱湯で約2分ゆで、ザルに上げて冷まし、2cm長さに切る。
  2. オイルサーディンはいわしと缶の油に分ける。いわしは粗くほぐし、缶の油は柚子こしょうを加え混ぜる。
  3. ボウルに(1)のアスパラガス、レッドキドニー、(2)のいわしを入れて混ぜ、柚子こしょう入りの缶の油、オリーブ油を加えてさっとあえる。
オイルサーディン
いわしの頭や腹ワタを除いて塩水に漬け、油を加えて高温加熱したもの。
魚缶Memo
日本で初めて缶詰が作られたのは明治初期。缶詰は「いわしの油漬け缶詰」で、今のオイルサーディン。ただし当時はオリーブ油がなく、椿油を使ったといわれている。
アドバイス
  • ・さば缶の汁気はきっておきます(汁は使わない)。
  • ・さばの表面を焼いてからごはんに混ぜるのがポイント、さばの身を崩さないように焼きつけます。
  • ・クレソンのようなクセのある葉っぱがよく合います。
  • ・冷たいごはんを使うときは必ず温めます、レモンの酸味ですしめしのような味わいに。
  • ・オイルサーディンは身と油に分け、うま味の出た油も残さず使います。

TOPへ