2019年7月11日(木)

ポーチドエッグと高野豆腐クルトンのサラダ

高野豆腐をカリカリに揚げてクルトンに、マスタードソースがよく合います

  • 印刷

材料(4人分)

▼ポーチドエッグ
 卵(室温にもどす)4個
 塩小さじ1
 酢大さじ2
高野豆腐3枚(約50g)
サニーレタス200g
きゅうり1本(100g)
トマト1個(150g)
 白ワインビネガー大さじ2
 あらびきマスタード大さじ1
 おろし玉ねぎ大さじ1/2
 塩小さじ1/3
 オリーブ油大さじ2
●油

作り方

1
バットに熱湯を注ぎ、高野豆腐を並べ入れ、冷めるまでおいてもどす。水気をしっかり絞り、一口大にちぎる。
レシピ画像
2
フライパンに油を2~3cm深さに入れて180℃に熱し、(1)の高野豆腐の水気をもう一度絞って入れ、カリッとして薄く色づくまで4~5分揚げる。
3
サニーレタスは一口大にちぎる。きゅうりはフォークで縦に筋をつけ、1cm厚さの輪切りにする。トマトはくし形切りにする。
4
ポーチドエッグを作る。卵1個を容器に割り入れる。鍋に水5カップ、塩、酢を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、ヘラで湯をグルグルとかきまわして渦の中心に卵をそっと入れ、中火にして3分ゆでる。途中、白身が広がるようなら、菜箸で黄身に寄せる。ペーパータオルの上にとり、水気をきる。残りの卵も同様にする。
5
ボウルに白ワインビネガー、あらびきマスタード、おろし玉ねぎ、塩を混ぜてから、オリーブ油を加えて混ぜる。(3)の野菜と(2)の高野豆腐を入れてあえる。
6
器に等分に盛り、ポーチドエッグをのせる。
アドバイス
  • ・高野豆腐はほぐれやすいように熱湯で戻しています!大きめのバットを用意し、高野豆腐に直接熱湯をかけないようにします。
  • ・きゅうりはフォークで筋をつけておくと、ソースがからみ易くなります
  • ・揚げるときは高野豆腐がくっつき易いので、離すように投入し、しばらくおいてから菜箸で返します(すぐ触らない、箸にもくっつく)。
  • ・ポーチドエッグの卵は新鮮なものを使いましょう。
  • ・ポーチドエッグを作る鍋は直径18cmのもの、湯の深さが5cm以上になるようにします。

TOPへ