2019年8月14日(水)

厚揚げとなすの利休煮

利休煮はごまをたっぷり使う煮ものです!

  • 印刷

    主な食材

    ジャンル

    • 1人前あたり
    • ・エネルギー:244kcal
    • ・塩 分:1.5g

    印刷する

    材料(4人分)

    絹厚揚げ2枚(350g)
    なす6個(600g)
    枝豆(さやつき)100g
    ▼煮汁
     だし汁2カップ
     塩小さじ1/4
     砂糖大さじ1
     しょうゆ大さじ1+1/2
     みりん大さじ2
    片栗粉小さじ1(倍量の水で溶く)
    練り白ごま大さじ1
    ●塩

    作り方

    1
    厚揚げはザルにのせて熱湯をまわしかけて油抜きをし、水気をふいて一口大に切る。
    2
    なすはヘタを落とし、ピーラーで皮をむき、長さを半分に切り、塩水にさっとさらす。水気をきり、熱湯で浮かないように落としぶたをして5~6分ゆで、ザルに上げる。
    3
    枝豆は塩を加えた熱湯で6~7分ゆでる。ザルに上げて粗熱をとり、さやから出して薄皮も除く。
    4
    鍋に煮汁の材料を入れて温め、(1)の厚揚げ、(2)のなすを入れ、落としぶたをして弱めの中火で15分ほど煮る。
    5
    水溶き片栗粉でとろみをつける。少量の煮汁で練り白ごまを溶きのばして煮汁に加え、ひと煮立ちさせる。(3)の枝豆を加えて温め、火を止めて器に盛る。
    アドバイス
    • ・なすはとろりとした食感にしたいので、皮をむいておきます。
    • ・皮をむいたなすはすぐに塩水(水3カップに塩小さじ1)にさらしてアク抜きをすることがおいしくいただくポイント(落としぶたをした塩水を行き渡らせる)。
    • ・短時間さらすだけでもOK(他の準備をしている間に)、塩水に色が変わってきます。
    • ・アク抜きをしたなすはやわらかくなるまでゆでておくこと(菜箸でつまんでみて跡が残るくらい)。
    • ・仕上げの練りごまは直接加えると分離のモトになるので、必ず少量の煮汁で溶いてから、少量ずつ数カ所に分けて加え、具が崩れないように鍋をゆらしてそっと混ぜます。

    TOPへ