2019年11月9日(土)

さばとじゃが芋の韓国風甘辛煮

さばとじゃが芋をピリ辛味に豪快なひと鍋

  • 印刷

材料(4〜6人分)

さば2尾(800g)
じゃが芋4個(600g)
玉ねぎ(大)1個(250g)
にら1/3わ(30g)
しょうが2かけ
にんにく2かけ
▼ヤンニョムジャン
 コチュジャン大さじ4
 青唐辛子の粗みじん切り3本分
 にらの粗みじん切り大さじ2
 長ねぎの粗みじん切り大さじ2
 みそ大さじ2
 粉唐辛子(粗びき)小さじ1
 オイスターソース小さじ1
 砂糖小さじ1
 みそ大さじ1
 酒1/2カップ
ごま油大さじ1/2
●油
■チーズトッポギ(2人分)
さばとじゃが芋の韓国風甘辛煮(上記参照)1/8量
トッポギ120g
にら少々
コチュジャン大さじ2
ピザ用チーズ20g

作り方

1
ヤンニョムジャンの材料をよく混ぜる。さらにみそと酒を加えて混ぜる。
2
じゃが芋は皮をむき、半分に切る。玉ねぎは1cm幅のくし形切りにし、にらは5cm長さに切る。しょうがは皮ごと薄切りにし、にんにくはつぶし、あれば芯を除く。
3
さばは胸ビレのつけ根に包丁を入れて頭を落とし、腹側に切り目を入れて腹ワタをかき出す。流水でていねいに洗い、水気をふきとる。尾を落とし、4等分に筒切りにする。
4
中華鍋に油大さじ1、しょうが、にんにくを入れて強めの中火で熱し、香りが立ったら、じゃが芋を加え、表面が透き通るまで炒める。
5
さばを加えて、上に玉ねぎをのせ、よく混ぜた(1)をまわしかけ、水2+1/2カップを加える。煮立ったら、オーブンペーパーで落としぶたをし、鍋ぶたもして15分煮る。
6
じゃが芋に竹串がスッと通ったら、にらを加えて混ぜ、ごま油をまわしかける。
●保存は冷蔵庫で3日。1人分に対して水大さじ2を加えて温める。
7
チーズトッポギ
  1. さばとじゃが芋の韓国風甘辛煮は、さば(1切れ)の骨を除き、粗くほぐす。じゃが芋はくずし、煮汁をとりおく。にらは5mm幅に切る。
  2. フライパンにトッポギ、(1)の煮汁、コチュジャン、ヒタヒタの水(約1/2カップ)を入れて5分ほど煮る。
  3. トッポギがやわらかくなったら、(1)のさばとじゃが芋、チーズを加えてひと煮する。器に盛り、にらを散らす。
ヤンニョムジャンの材料
にら、青唐辛子、長ねぎ、みそ、コチュジャン、オイスターソース、粉唐辛子(粗びき)、砂糖。
ヤンニョムジャン
韓国料理に用いられる薬味だれのこと。決まったレシピがあるわけではなく、家庭や料理の数だけあるといわれる。スープやチゲ鍋などにも向く。冷蔵庫で1か月保存が可能。
トッポギ
うるち米で作る韓国のもち「トック」の一つ。コチュジャンで甘辛く炒め煮にする料理「トッポギ」に使うことから、細い棒状のトックを日本ではトッポギと呼んでいる。煮溶けず、弾力のある食感が特徴。
アドバイス
  • ・ヤンニョンジャンは多めに作って保存しておくと、炒めものや鍋料理の味のベースとして活用できます。

TOPへ