2014年度7daysデータ放送企画 7daysPUSH!世界の子どもたちに教育キットを贈呈

コンセプト

「7daysチャレンジTV」のテーマは、「子どもたちに、幸せな未来を」。 子どもたちの未来にとって、最も大切なことの一つが「教育」です。 しかし、世界には、施設が整わないなどの理由で、十分な教育を受ける事ができない子どもたちがたくさんいます。 そこで、日本テレビでは、そのような子どもたちに"教育キット"を贈呈したいと考えました。 この企画にあたり、日本テレビは、ユニセフに協力いただく事にしました。 ユニセフには、指定した支援物資を途上国の子どもたちにプレゼントできる 「ユニセフ支援ギフト」があります。 そのギフトの一つが「箱の中の学校」です。 「箱の中の学校」は、ノートブック、鉛筆、消しゴム、はさみ、算数用教材、 地球儀、ラジオなど、先生1人と 生徒40人のための教材が入った教育キットです。 この教育キットがあれば、青空の下であっても子どもたちは学ぶことができます。 ①データ放送画面に「世界の子どもたちに"教育キット"を贈ろう」ボタンを設置。 ②視聴者の皆様にこのボタンを押していただきます。 ③「7days」期間を通じてボタンが押された総合計数を画面上に表示。 ④その数に応じた「箱の中の学校」を、放送後、日本テレビが日本ユニセフ協会を通して、世界の子どもたちに贈呈します。 「箱の中の学校」は1セット23000円。皆様のPUSH23000回分に対して、 「箱の中の学校」1セット、40人の子どもたちに"教育キット"を届けることができます。

7daysPUSH!世界の子どもたちに教育キットを贈呈

データ放送画面

【ルール説明】

  • ボタンPUSHは、連動データ放送対象番組1つにつき1回だけできます。
  • この企画に参加するには、テレビ端末がインターネット接続されている必要があります。
    どうぞ接続の上で参加ください。
  • 一部のテレビ端末では、本企画に参加できない場合があります。
  • 録画視聴では、本企画に参加できません。
  • システムなどのトラブルや運営上の問題が発生した場合は、一時的にボタン受付を見合わせることや、本企画を終了/中止する場合がございます。ご了承ください。
  • 一部地域では番組の放送自体がございません。

連動データ放送対象番組はこちら

※混雑具合によってツイートが表示されない場合がございます。