プロボクシング 辰吉寿以輝(じゅいき) 第7戦

プロボクシング 辰吉寿以輝(じゅいき) 第7戦
©ytv
カリスマの遺伝子 辰吉寿以輝 けがからの復帰戦 新妻に捧げる勝利

90年代ボクシング界を牽引してきたカリスマ、辰吉丈一郎。網膜剥離を乗り越え、WBCバンタム級のベルトを3度獲得した闘いぶりは、ボクシングファンのみならず、ゴールデンタイムのお茶の間を大いに沸かせました。3度目のベルトを獲得した父に抱きかかえられリングに上がった二男は当時1歳。寿以輝は、父の背中を追うようにボクシングを始め、2015年4月16日のデビュー戦から6連勝と順調にキャリアを積み重ね、A級ボクサーに昇格しました。しかし2月に予定された試合の直前に左拳の腱を断裂。プロ入り初の大けがで試合は中止になりました。

あれから3か月。拳のけがは完治していないものの、寿以輝はリングに上がる決断をしました。そこには、新妻・優さんの支えがあったのです。これまでもリングサイドで応援していた優さんですが、去年のクリスマスイブに入籍。夏には長女が産まれます。成人式を迎え、大人として、夫として、父としての自覚が芽生えた寿以輝。日本人初の親子世界チャンピオンを目指す寿以輝から目が離せません。

放送内容
放送日 放送時間

プロボクシング 辰吉寿以輝 第7戦

7月9日(日)に予定していた試合は中止となりました。

Twitter Facebook モバイルサイト