FIGトランポリンワールドカップ前橋大会 2018

FIGトランポリンワールドカップ前橋大会 2018
©中西祐介/アフロスポーツ
FIGトランポリンワールドカップ前橋大会 強豪相手に男女W表彰台なるか!?

この大会は今年度の第33回世界選手権大会の前哨戦に位置づけられる国際大会。大会参加国は21カ国に上り強豪国も多数参戦予定。更に、2020年東京五輪と同じ時期に開催されることから、各国とも五輪のシュミレーションの大会と位置づけている。また、ワールドカップシリーズとしては、2019年2月のバクー大会から始まる6大会の上位成績者にも五輪の出場権が獲得できるシステムに変更され、さらにワールドカップシリーズの大会の重要性が上がってきている。

参加国は、五輪、世界選手権のチャンピオンを排出している常連国の中国をはじめ、ロシア、カナダ、ベラルーシ、英国、フランス、ポルトガル、アメリカの強豪国はもちろん、ニュージーランド、オーストラリア、また南米からもの参加を予定している。迎え撃つ日本チームは、今年の世界選手権大会の代表、アジア競技大会の日本代表選手を中心に各種目ともメダル獲得に全精力を注ぐ。

男子は北京・ロンドン2大会五輪代表のベテランの上山容弘選手(株式会社ベンチャーバンク)、ロンドン、リオ五輪代表の伊藤正樹選手(株式会社東栄住宅)、若手で勢いのある堺亮介(星稜クラブ)などが出場。女子は昨年の世界選手権大会ベスト10に入った若手の森ひかる選手(金沢学院大学クラブ)、ロンドン五輪代表で昨年の世界選手権銀メダルの岸彩乃選手(金沢学院大学クラブ)が参戦予定。

海外勢の注目は、男子はリオ五輪優勝のベラルーシのHancharou Uladzislau選手、さらに中国からはロンドン五輪優勝、世界選手権優勝経験者のDong Dong選手、Lei Gao選手、Xiso Tu選手、ロシアからもロンドン銀メダリストのエースDmitri Ushakov選手も参戦予定で世界トップ選手が集結する。女子もロシアのYana Pavlova選手、ベラルーシのHancharova Hanna選手、中国のLingling Liu選手と五輪・世界選手権のメダリストが参戦予定。世界トップを目指した熱い戦いが繰り広げられる!

放送内容
放送日 放送時間

FIGトランポリンワールドカップ前橋大会 2018

【解説】山本宜史(リオ五輪トランポリン強化本部長)

8月19日(日) 6:30~8:00
Twitter Facebook モバイルサイト