プロレス激闘の記憶

プロレス激闘の記憶
小橋健太 vs 秋山準 ©NTV
プロレスクラシックがリニューアル…名勝負を全て見せます! プロレス激闘の記憶

ジャイアント馬場からジャンボ鶴田・天龍源一郎、そして三沢光晴・小橋建太へと受け継がれてきた王道プロレス。プロレス界の歴史に残る激闘・名勝負が日テレジータスで蘇る! 日本テレビに眠る貴重映像を余すことなくお届けします。

放送内容
放送日 放送時間

プロレス激闘の記憶 ~鶴龍&四天王編~(11)
全日本プロレス 1998・7・24武道館 三冠戦 小橋×秋山 バーニング対決

ここが見どころ!

1998年6月、小橋健太は川田利明から三冠王座を奪取すると、リング上で新時代宣言を行った。小橋は同年9月、新ユニット「バーニング」を結成することになるが、その直前の7月の武道館大会で組まれた初防衛戦の相手が以後、生涯のライバルとなっていく秋山準だった。秋山にとって小橋はデビュー戦の相手、そこから6年が経ち、今や秋山は5強の一角となっていた。兄のように慕う特別な存在の小橋だが、それでも試合となれば妥協なき戦いを覚悟、この戦いで全日本プロレスが変わるという強い思いで秋山はリングへと向かった。この試合を通じてプロレスに対する情熱を改めて感じた小橋は、その後は秋山と行動を共にする。世界タッグ王座奪取、さらには最強タッグ連覇など90年代後半の短期間ではあったが日本プロレス界でその後も語り継がれる名コンビとなっていく。

7月22日(日) 1:45~4:45

プロレス激闘の記憶 ~鶴龍&四天王編~(8)
鶴龍vs長州 2年連続インタータッグ新春2連戦

ここが見どころ!

1986年新春、全日本とジャパンのタッグ頂上対決が日本伝統のベルトをかけて行われた。この年は、東京と札幌での2連戦、また翌1987年には、ジャパンプロレスの長州&谷津へと流出してしまった至宝インターナショナルタッグ選手権。全日本の鶴龍コンビが奪還をかけ連続挑戦した。この年の3月、全日本を離脱することになる長州。この2連戦が事実上、最後の軍団頂上対決となった。

7月28日(土) 23:00~3:00

プロレス激闘の記憶 ~馬場&豪華外国人編~(1)
馬場2大タイトルマッチ

ここが見どころ!

1972年、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げ。その馬場は師匠・力道山ゆかりのベルトをかけ「世界ヘビー級選手権王座争奪戦」を行った。対戦相手は世界の強豪10選手。まさに豪華な外国人が次々と馬場と戦った。その中には、力道山と死闘を繰り広げた“魔王”ザ・デストロイヤーの名も。また、初代王者となった馬場は、“アラビアの怪人”ザ・シークとの防衛戦も行った。

7月29日(日) 23:00~1:00

プロレス激闘の記憶 ~三沢NOAH編~(8)
2001・7・27 武道館 旗揚げ1周年 GHC戦 三沢×秋山

8月12日(日) 14:00~17:00
8月22日(水) 1:30~4:30

プロレス激闘の記憶 ~鶴龍&四天王編~(9)
全日本プロレス 1997・4・19 武道館 CC優勝巴戦 三沢×川田×小橋

ここが見どころ!

1997年4月、春の祭典チャンピオン・カーニバルは歴史上、最も過酷なリーグ戦となった。参加レスラーは13選手。総当たりリーグ戦でおこなれると18点でハンセン、ウイリアムス、田上の3選手。そして19点で三沢、川田、小橋が並ぶ大混戦。最終日本武道館大会は、史上初の優勝決定巴戦となった。抽選の結果、三沢vs小橋が第1試合、休憩なしで第2試合は三沢vs川田、そして最終試合は川田vs小橋という四天王によるメインイベントクラスの試合が1日で3試合も行われる豪華な大会となった。しかし、3選手にとってはまさに命がけの過酷な優勝戦であった。

8月24日(金) 0:00~3:00
Twitter Facebook モバイルサイト