DVD−BOX収録!オーディオドラマCD公式コメント到着!

photo

「RD 潜脳調査室」DVD-BOX第1巻には、ミナモ・サヤカ・ユキノの女子中学生トリオ+ミナモの兄ソウタの4人が繰り広げる、スペシャルドラマCDが収録されています。ラジオパーソナリティー風、ホラー風、探偵劇、人工島のあらゆる場所を訪問する回など、ミナモたちの日常生活をテーマに様々な内容が面白おかしく書かれています。脚本は全て本編のシリーズ構成・藤咲淳一が担当し、本編で語られていない設定も語られております。この番外ドラマは3ヶ月毎にリリースされる「コレクターズBOX」に同梱される特典CDで、約10分のストーリーが3話ずつ収録されます。

≫ DVD-BOXの詳細はコチラ!

≪出演者≫

蒼井ミナモ/沖 佳苗
自称、波留のアシスタントの女子中学生。直観力が鋭い一面を持つが、おおらかで明るい性格をしている。電脳化していない。ピーマン嫌いで泳げない。
神子元サヤカ/渡辺明乃
スポーツ万能、恋愛大好きなミナモの同級生。リアルでは会ったことのないメタ彼がいるらしい。怖い話や都市伝説なども好きである。
伊東ユキノ/野中 藍
食べることが大好きなミナモの同級生。メタルでの読書体験や、メールのやり取りが好きである。お気に入りはアンティーク・ガルのビッグ・パフェ。
蒼井ソウタ/高橋広樹
人工島生れの電理研インターン。ミナモの実兄。無駄の嫌いな性格で波留の事務所の経理担当。家事全般を得意とし、生身の肉体のまま義体に勝つ格闘理論を研究している。
その他、ゲスト出演者

≪脚本≫

藤咲淳一

≪コレクターズBOX(1)収録タイトル≫

#1 「人工島ラヂオ局 #1」
ミナモ・サヤカ・ユキノの3人がラジオのパーソナリティーになり、ゲストを招いてトークを繰り広げる!
#2 「今日の昼ごはん」
サヤカとユキノがミナモの家にお邪魔して、ソウタの手料理をご馳走してもらうことになるのだが…?!
#3 「ラブレター・アナザー」
サヤカの下駄箱から、「今日の放課後、保健室で待ってます…」と書かれた、送り人不明の手紙が見つかり…!

≪キャスト・スタッフからのコメント≫

■ 藤咲淳一さん[脚本]
「RD」本編は割とシリアスなドラマですが、特典CDではキャラクターを中心にしたストーリーとなっております。RD本編を「表のRD」とするならば、本作は「裏RD」といったところでしょうか。「え、こんなこともやってるの」といった、はじけた箇所もあります。かけあいやテンポ、間など、本編を作るときとは違う高揚感があり、楽しかったです。 キャラクターの裏話も盛り込んでありますので、本編の内容を知った方が聞いていただければより楽しめます。どれぐらいRDの世界が広げられるか挑戦していますので、このドラマCDでRDをより深く理解していただきたく思います。
<注目してもらいたいポイントは?>
1巻目の特典CDは架空ラジオ放送やギャグドラマ、ホラーといった種類の異なった3作を入れ、バラエティ感を出しました。特にユキノちゃんにはふりきって頑張ってもらいましたので、注目して聞いていただきたく思います。今後続く巻でもいろんなキャラクターで話を作って遊ぼうと思います。RDに出てくるキャラクターもゲストで出演する予定です。
■ 沖佳苗さん[蒼井ミナモ役]
本編とは違う「ミナモちゃん」を演じることができ、すごく楽しかったです。最初に藤咲さんから「“裏ミナモ”でいこう」という話があって、「ウザッ!」など、本編では言わなさそうな毒のあるセリフもあります。そんな裏ミナモも楽しんでいただけるのではないかと思っております。
<注目してもらいたいポイントは?>
演技の難しい部分も皆さんの楽しさに乗って演じさせていただきました。ドラマCDでしか聴けない3人が本当に楽しんでいる姿に注目して欲しいです。毒をはくミナモちゃんも面白いので、ぜひ聞いて下さい。
■ 渡辺明乃さん[神子元サヤカ役]
しゃべりました。本編では意外と大きな流れには関わっていないのですが、番外ドラマでは沢山サヤカちゃんが登場します。「枠さえはずすことができればここまでやっていいんだな」と思いはしゃぎましたので、サヤカちゃんには申し訳ないことをしたと若干思いつつ、皆さんに楽しい雰囲気が伝われば、と思って演じさせていただきました。
<注目してもらいたいポイントは?>
アドリブなしで全て台本通りにいかに面白く演じるか、に挑戦しました。 第1話ではサヤカがDJをして、かむ一歩手前のすごい喋りを披露しています。ラジオDJCDという感じで聞いていただきたいです。 第2話では結構ソウタ兄さんと言葉で結構戦ったので、聞いていただけると嬉しいです。(ソウタ役の高橋さんに向かって)「お兄ちゃん♪」
■ 野中藍さん[伊東ユキノ役]
ユキノちゃんが今回沢山登場するので沢山喋ることができ、楽しかったです。アニメ本編ではよくパフェを食べているシーンがあるのですが、ドラマCDでもいっぱい食べ、「太い」「太ってる」という言葉に過剰反応をしつつギャーギャー騒げて楽しかったです。私も(食べ過ぎないよう)気をつけようと思います。
<注目してもらいたいポイントは?>
私のセリフにはアドリブの部分があったのですが、いつもアニメ本編のユキノだったらどうするのかを考えるのが楽しかったです。 特に、台本で“太っていることに対してアドリブを下さい”というト書きの書かれている箇所があって、太っていることをいかにいいように言うか考えるのが楽しかったので、その部分をぜひ聞いてください。
■ 高橋広樹さん[蒼井ソウタ役]
全く本編からは考えられないようなパラレルなギャグストーリーもふんだんに織り込まれている番外ドラマになりました。ソウタはアニメ本編では想像の付かないようなぶっとんだ役になっておりまして、収録後の今、「本当にそれでよかったのか」と、“?”マークが頭の上に沢山浮かんでいる状態です。あくまで“裏RD”と割り切って楽しんでいただきたく思います。
<注目してもらいたいポイントは?>
第1話でラジオDJCD風な喋りをしているのですが、ツッコミのスピードや、1テンポちょいの微妙な間が楽しい時間だったので、注耳(?)していただけれればと思います。 第2話では僕が散々なことをしているので、先にごゴメンナサイと謝っておきます。
また、ソウタが尊敬してやまない、RDの世界に対義体都市型格闘術の創始クロガネシンカイ氏をモチーフにしたシーンがあるのですが、高橋個人がクロガネシンカイ像をこの場で作ってしまいました。大変責任を感じつつこの後の展開に注目してもらいたいので、その部分も耳に焼き付けておいていただきたく思います。

≫ DVD-BOXの詳細はコチラ!
≫ 只今予約受付中!(日テレ屋Web)

NEXT