榎本房子(33)
和久井映見

大らかそうにみえるが、けっこう毒舌。
一途に見えるが、気は多い。
どこか捉えどころのないタイプ。


片岡と飯塚の古くからの友人。

婦人警官だったが、仕事に疲れて退職……というのは表向きで、実は、事件の容疑者に惚れてしまって、問い詰める側が嫌になり辞めた。もともと警察向きではなかった。退職後はいい歳をしてフリーター的のんびり生活。


洋子と出会った当初から一方的に打ち解けていき、いつしか洋子のよき理解者になっていく。



言葉はきついが、性格は柔らかく、おおらかで人を包み込む不思議な魅力を持っている。三年前に亡くなった片岡の妻・かおりとは親友で、かおりを片岡に紹介したのは房子だった。


今、片岡のことを本当はどう思っているのか……それは大いなる謎である。





このウィンドウを閉じる