アイシテル スタッフブログ スタッフブログ

一時間の力作

2009.05.11.Mon

第四話の中で、智也が箱庭作りをするシーンがありました。


スタジオには、箱庭に使われるミニチュアの置物や人形・乗り物が
たくさん棚に並べられ、それを見た智也役の嘉数一星くんは大興奮!


特にお気に入りは、やはり電車や車。そんなところはごくごくフツーの10歳の男の子です。


そこで、一星くんに「後で智也じゃなく一星として、箱庭作ってみよっか?」と提案すると大張り切り!収録中もどんなの作ろうかな~とずっと思案してました。


さぁ、スタジオ収録が昼休憩に入ったところで、さっそく一星くんは箱庭作りに取り掛かりました。
箱庭療法士のカウンセラーの方も、その様子を見守っていらっしゃいました。
何をどこに置くかとか、何にこだわるかとか、色々その子の内面がわかるのだそうです。


それを聞いた一星くんのお母さんは、内心ドキドキされていた様子。
そんなことは意に介さず、一星くんは箱庭作りに熱中しています。

%E5%98%89%E6%95%B0%E7%AE%B1%E5%BA%AD%E2%91%A0.jpg

最初に手にしたのは総合病院。それから、駅。どうやら町を作っているようです。
鉄道博士の一星くんは、駅の向こうにもちろん電車を走らせます。
公園を作ったり、マンションを置いたり、信号や車etc. 楽しそうに配置していきます。

そして、一時間後…。ようやく一星くんの町が完成しました!

%E5%98%89%E6%95%B0%E7%AE%B1%E5%BA%AD%E2%91%A1.jpg


細部に亘りこだわった力作です。
面白いことに、最初に手にして置き場所にこだわっていた総合病院は、
結局棚に戻されていました。

そこで、カウンセラーの先生が、一星くんのいない所で、お母さんに内緒話を。
さぁ、どんな診断だったのでしょう?

何はともあれ、一時間の力作に大満足の一星くんでした。