松永アナ:
視聴者の皆様と日本テレビを結ぶ『あなたと日テレ』。この番組は、日本テレビの番組に対して、皆様から寄せられた御意見や御批評に耳を傾け、今後の番組作りに役立てていこうというものです。

山王丸アナ 松永アナ
山王丸アナ: 今朝は先月24日に行われました、第315回番組審議会の模様をお送り致します。今回の審議ですが、月曜日から金曜日まで毎朝6時から放送されている『ジパングあさ6』に関する合評です。早朝の番組として視聴者の間にも定着した感のある『ジパングあさ6』を委員の皆様はどう見ているのでしょうか。

松永アナ: 『ジパングあさ6』は、日本テレビのローカル番組です。15年前に始まった『ルンルンあさ6』に引き続いて放送されています。

山王丸アナ: 朝一番の情報番組ということで、天気予報、新聞のトップ記事、注目すべきニュースなどをいち早く紹介しています。

松永アナ: それでは審議会の模様を御覧いただきましょう。


委員A: テレビの前に1時間座ってきっちり見たんですけれども、ほとんどの視聴者の皆様はそういう見方はしないのかと思うんですけれども、台所なり居間なりで行ったり来たりしながら、時に途切れながら断片的に見ておられるんではないかと思うんです。その日のトップニュースが幾つか出ておりました。新井さんのこと、イラクのこと、インドネシアのこと、それから各紙、各週刊誌のトップ記事のようなものが出ておりましたけれども、有森さんの別居の話は、これがそんなに大ニュースという訳ではないと思いますが、そんなに方々で取り上げる事なのかなと。これは他のメディアもやっておりますので、普段そう思っていたのですが、同様の印象を持ちました。後は、天気予報の関連で川津の桜が繰り返し出てきたと思うのですが、ちょっと同じのが繰り返しているなという印象をそこだけ受けました。

委員B: 朝一番というのはそれまでに何が起きていたのかというのをやっぱり最初に知りたいという要求があるような気がするんです。そういう意味ではニュース的なものが朝にくるというような事は私はやっぱり非常に視聴者の求めるものにも合っているだろうしテレビの特性にも合っていると意味で、拝見してなかなかいいなというのが基本的な私の感想です。ただ、解説の方が、切り方が非常に真っ当なんですが、もっとニュースの読み方を面白くしたりとか、角度を付けたりするという時に、もう少しお考えになってもいいのかなということをちょっと感じなくもありませんでした。

委員C: とても清々しい、肩に力の入らない、自然体のニュース番組だなという印象を受けました。でも、新聞を見せるパーンがちょっと早いかなという、もうちょっとゆっくり止めていただければ。お天気ももうちょっと長く映していただけるといいかしらと思いますけれども。それと時々、例えば号外発行の裏側とか、テフロン加工のフライパンとか、そういったコーナーがありまして、箸休めのような感じになって、それもいい入れ方かと思います。それと私が拝見したのでは、例えば一般人向けには分からない政治の裏側とか、そういう複雑なものをもうちょっとかみ砕いて解説していただける事がもうちょっとあってもいいのではないかと思います。

委員D: 原則として、基本としての姿勢が絶対にながら視聴になるので、何回も繰り返されるニュースとか、何度もある天気予報というのはとても役立ちます。それから最後に、いつも星占いはどうしても気になって好きなところなんですが、これも凄く細かいことなんですが、例えば最後に良い運勢と悪い運勢が出ますよね、今日一番悪いのは何々だと出ると、今日は何かやろうと思っているときに、その悪い運勢になってしまいますとちょっと気分があまり良くないわけです。ですから、こうすれば良くなるみたいなお守りではないんですが、向上させるようなものをちょっと入れていただくと今日1日爽やかに過ごせるかなという気が致します。

委員E: 朝のこういう忙しい時間ですから、仕方がないと言えば仕方がないのですが、非常に小刻みに番組が編成されている。作る方も大変だなと思うのですが、もう少し1つ1つじっくり見たかったなと思うものもたくさんあったような気が致します。感心しておりますのは『ヘッドライン』ですね。各社の新聞の紙面を見せているわけで、他の新聞ではどういうことが載っているかなと言うことが非常に気になることが多いのですが、一目でもって各紙の概要を知ることが出来まして、非常にこれは有意義だなというふうに思っております。ただ、それぞれの与えられている時間が、ほんの2、3分という短い時間で各紙を料理する訳ですから大変な仕事で、それぞれコメントが短すぎるのでもうちょっとという気もするわけですが、これも仕方ないのかも知れませんね。

委員F: 朝の忙しい時間には、なかなかコンパクトで分かり易くまとめていらっしゃるというふうに思いました。それから一つ気になったところがありました。それは天気予報なんですが、天気予報はコメントを替えることは不可能なんですね。ただ、逆に晴れでしょうと言うときには必ず「洗濯物や布団干しには最適です」と、朝4回もそんなことを言われると、1回目ぐらいはいいと思うんですが、晴れと言うことで宜しいかなと。逆に異常乾燥注意報なんかが出ているときには「大変洗濯物の乾きが早いです」という意味で、お洗濯にも最適と言うのは、コメントの意味があるのではないかというふうに思いました。

委員G: やっぱりこの番組は、まともにテレビの前に座って、メモをとる形で見るものではないですね。チラチラと眺めて、或いは耳だけで聞いてと言う番組を、こちらは朝早く目覚ましで起きて、そしてじっくりと見ちゃったものですから、かなり不満を感じました。その1時間、何で同じ事を4べんも繰り返すのか、何か形が変われば言いと思うのですが、4べんもやるということは、他のニュースが削られるということですよね。つまり、どういう時期だったかと言えば、やっぱりイラク問題が日に日に緊迫しているような時だったものですから、中味が繰り返される度に1時間が4倍に薄められて行くような感じがしたんです。

副委員長: 山王丸アナウンサーが、非常に爽やかに歯切れがいいんですね。非常に聞き易い。そして、中村政治評論家のキャスターがおっとりとゆっくりしゃべりますから、私の様に耳が少し遠くなった者には分かり易いですね。これらは非常にいいコンビでおやりになったのですが、もう1人のアナウンサーが元気がないんですね。朝ですからもうちょっと爽やかにメリハリをつけてアナウンスをしていただくと大変いい番組だったかなと、こういうふうに思っております。それからインフルエンザの紹介がありまして、どこの病院のドクターかコメントがあるのですが、非常に元気がないんですね、風邪をひいていたのかなと、聞きづらいし。やはりドクターもきちんと風邪をひかないようなドクターを選んでいただきたい、こういうふうに思いました。

委員長: 私自身はこれが出てきてから、ちょっと新聞紙を止めてみようと思った時期がありまして3カ月くらい止めてみた時期がありました。新聞で今日何が問題になっているのかとさらっと見せていただくという意味では、非常にいい番組だというふうに思いました。それから、私ぐらいの年配の者にとっては、テンポがちょっと早すぎますね。だから、もう少しゆっくりの方がいいなと思うような場面というのが幾つかあります。これはもうしょうがないですね。けれど、若い人が見ていれば非常に歯切れが良くてテンポ良くトントン運んでいくので、大変視聴率を稼ぐだけの番組だろうと思います。


松永アナ: お聞きのように、気象情報が繰り返し出すぎるとか、個人のスキャンダルめいた情報を朝一番に流す意味があるのかななど、痛い指摘もありました。でも、大方はご好評のようでしたね。

山王丸アナ: スタッフ共々、なるべくその日起こった出来事、新しい新鮮な情報を伝えるようにと頑張っているわけですけれども、出演する側としては爽やかな顔でお伝えすることをまず一番に、なるべく早起きに心がけて頑張っております。

松永アナ: それでは、各委員の意見に対して、制作サイドはどのようにお答えしたのでしょうか。その主旨を御報告いたしましょう。

『ジパングあさ6』は、子供からお年寄りまで幅広い視聴者層を対象にして制作しているので、その情報の質も政治から芸能に至るまで幅広く伝えていること。 従って、硬軟取り混ぜた情報を提供しているとの指摘がありました。また気象情報が何度も繰り返されるという御意見に対しては、腰を据えて視聴者が見る時間帯ではないことを挙げ、いつ見ても必要な情報をという意味の発言がなされました。また、審議会の意見を参考に更に見やすく親しみやすい番組にしていくとの決意がなされました。

山王丸アナ: 出演者としても大変参考になりましたし、今後の励みともなりました。皆様のご期待に添えるよう、頑張りたいと思います。

松永アナ: 今日は第315回番組審議会の『ジパングあさ6』合評の模様をお伝えしました。

それでは最後に「放送と人権等権利に関する委員会」のお知らせです。

この委員会は民放各社とNHKが放送した番組について、権利侵害に関わる苦情を中心に、苦情申立人と放送局との話し合いが相いれない問題を扱います。詳しくは、委員会事務局までお問い合わせ下さい。

最後に「放送と人権等権利に関する委員会」のお知らせです。

この委員会は民放各社とNHKが放送した番組について、権利侵害に関わる苦情を中心に、苦情申立人と放送局との話し合いが相いれない問題を扱います。詳しくは、委員会事務局までお問い合わせ下さい。

郵便番号102-0094 東京・千代田区紀尾井町1-1
             千代田放送会館内
電話番号は03-5212-7333です。

山王丸アナ: 「あなたと日テレ」では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。まずお手紙、おはがきの宛先です。

郵便番号102-8040、日本テレビ「あなたと日テレ」の係まで。

     電話番号は、03-5275-4390
     ファックス番号は、03-5275-4505
     お電話、ファックスは24時間受け付けております。
     皆様からの御意見をお待ちしております。

松永アナ: それではまた来週お目にかかります。




|あなたと日テレ|HOME|