■30年目を迎えるミュージカル『アニー』

ミュージカル『アニー』は1986年4月に日本テレビ主催で上演され、ついに30年目を迎えます。胸を打つ音楽、普遍的なストーリーなど作品の持つ魅力、そして毎年オーディションで選ばれた才能あふれる子供たちの熱演がロングランにつながりました。出演する子供たちの個性を生かす演出で、毎年新たな『アニー』をご覧いただいています。なお、30年特別企画として、@通常より2,000円もお得な特別価格でご覧いただける「スマイルDAY」(4/27 S席6,500円 A席4,800円)、A来場者全員に会場にて3,000円で販売しているぬいぐるみのプレゼントがある「サンディDAY」(5/14)をご用意いたしました。

■新国立劇場中劇場に「お引越し」

初演から29年に渡って上演してきた青山劇場のクローズに伴い、今年から新たに新国立劇場中劇場(初台)での上演となります。一流の舞台を創作するための一流の劇場で生まれ変わる『アニー』。舞台と客席の距離も近く、どの席からも見やすい劇場でアニーの新たな魅力を発見していただければと思います。

■豪華な出演陣

30年目のアニーに選ばれたのは黒川桃花と前田優奈の2名です。約9,000人の応募者の中から、オーディションで選ばれた2人の活躍が期待されます。ミス・ハニガン役に女優として活躍の場を広げている青木さやかが登場です。ミュージカルは初の挑戦となりますが、存在感のある演技をご期待ください。またグレース役に、劇団四季で数々のヒロイン役を務めた木村花代。ルースター役は、ドラマや映画で活躍中の崎本大海が演じます。そして昨年、大好評だった大富豪ウォーバックス役の三田村邦彦、リリー役の甲斐まり恵は、ますますの輝きを放つでしょう。

■2015年は『アニー』イヤー

アメリカではじめてミュージカル『アニー』が上演されたのが1976年のことでした。作詞・演出を手がけたマーティン・チャーニンは、1970年に友人へのクリスマスプレゼント用に『アニー』の原作コミックを手に取りましたが、その世界に惹きこまれすぐに上演化の権利を取り、ミュージカルの制作に到りました。その『アニー』がさまざまな形でご覧いただけます。1982年に映画化された『アニー』がDVD(『アニーDVD BOOK』本体価格900円 宝島社)として書店・コンビニで販売され、ハリウッドで現代版としてリメイクされた『ANNIE/アニー』の映画が日本公開(1/24)となります。アニーは史上最年少でアカデミー賞にノミネートされたクワベンジャネ・ウォレスが、ウォーバックスはスタックスと名を変えてジェイミー・フォックスが、ハニガン役はキャメロン・ディアスが演じます。ミュージカルでおなじみの数々の名曲も新たなアレンジで登場します。


ページのトップへ戻る