2月21日 『トモニたたかおう!日テレ・サッカー中継2014、開幕!』 鈴木 健

20140221.JPG W杯イヤーの2014年、いよいよ日本のサッカーカレンダーが動き出します。明日、2月22日(土)、シーズンの幕開けを告げる『FUJI XEROX SUPER CUP 2014』が国立競技場で行われます。2013年J1チャンピオンのサンフレッチェ広島×第93回天皇杯王者の横浜Fマリノスの対戦。この注目のゲームを、午後1時30分から日本テレビ系全国ネットにてお茶の間にお届けします。実況は中野謙吾アナ。ベンチサイドリポーターは、横浜Fマリノス側がラルフ鈴木アナ、サンフレッチェ広島側が地元・広島テレビの宮脇靖知アナです。

 そして、今季も日テレが中継する『アジアチャンピオンズリーグ(以下ACL)』は、来週の25日(火)・26日(水)に2014年シーズンの初戦が行われます。ご存知ない方のために簡単に説明しますと、ACLはアジア2万クラブのチャンピオンを決める大会で、優勝すると12月の『TOYOTA presents FIFAクラブW杯(今年はモロッコ開催、日テレが中継)』に出場できるという重要な戦い。そのACLに挑戦できる日本のチームは、前年のJ1上位3チームと天皇杯優勝チームの合わせて4クラブです。

 今季、アジアの頂点に挑む日本の4クラブは、J1チャンピオンのサンフレッチェ広島、2位の横浜Fマリノス、3位の川崎フロンターレ、4位のセレッソ大阪(横浜Fマリノスが天皇杯で優勝したため繰り上げ出場)。昨季、グループステージを突破し、決勝トーナメントに進出した日本勢は柏レイソルの1チームのみでしたが(過密スケジュールの中、大健闘のベスト4)、今季は08年大会のガンバ大阪以来、6年ぶりのJクラブによるアジア制覇をぜひ見たいものです。

以下、ACLグループステージ 第1節の放送予定です。

2月25日(火)
■サンフレッチェ広島×北京(中国)
 CS放送 日テレG+にて午後6時45分~午後9時 生中継
 解説:城彰二さん 実況:鈴木健 リポート:宮脇靖知(HTV)

■浦項(韓国)×セレッソ大阪
 CS放送 日テレプラスにて午後7時15分~午後9時30分 生中継
 解説:都並敏史さん 実況:新谷保志

■アジアチャンピオンズリーグハイライト
 地上波 深夜1時34分~2時34分
 解説:都並敏史さん MC:新谷保志

2月26日(水)
■川崎フロンターレ×貴州(中国)
 CS放送 日テレプラスにて午後6時45分~午後9時 生中継
 解説:都並敏史さん 実況:田邊研一郎 リポート:中野謙吾

■全北(韓国)×横浜Fマリノス
 CS放送 日テレG+にて午後6時45分~午後9時 生中継
 解説:北澤豪さん 実況:ラルフ鈴木

■アジアチャンピオンズリーグハイライト
 地上波 深夜2時29分~3時29分
 解説:北澤豪さん MC:ラルフ鈴木

我々、サッカー担当アナウンサーは、チーム&サポーターの皆さんと「ACLをトモニたたかう」気持ちで放送したいと思っています。

また、ブラジルW杯では「日本×ギリシャ」を日テレでオンエアーすることが決まりました!
今季も日テレ・サッカー中継をどうぞよろしくお願いします!