2月19日 田中 毅

先日、久々に九州に行ってきました。
宮崎でJリーグクラブのガンバ大阪のキャンプを取材、
その後鹿児島に移動し翌日に浦和レッズを取材してきました。
 
サッカーJリーグは昨季、ガンバ大阪の史上空前の大逆転優勝によって幕を閉じました。
昨季にJ2からJ1に戻ったガンバ大阪、決して順風満帆とは言えませんでした。
 
夏前には首位と勝ち点14もの差があり、降格圏の16位。
しかしそこから快進撃が始まり、頂点にまで登り詰めました。
ナビスコ杯と天皇杯も制したので、終わってみれば三冠達成です。
 
一方で、夏場からひたすら首位の座を守りながらも、
終盤11月に2位に陥落しタイトルを逃したのは浦和レッズ。
DF槙野選手は「優勝を逃してからはテレビをつけることが出来なかった。
スポーツニュースを見たくなかったから・・」と振り返るほど、
浦和レッズの選手、サポーターにとっては悔しいシーズンだったはずです。
 
その両クラブが日本のサッカーシーズンの幕開けを告げる大会でぶつかります。
今年で22回目を迎えるFUJI XEROX SUPER CUP。
天皇杯王者と昨季のリーグ王者がタイトルをかけて戦う大会。
今回はG大阪が天皇杯とリーグ、両方のタイトルを獲得した為、リーグ2位の浦和レッズが出場。
 
昨年の因縁のクラブ同士の対戦とあって、チケットも凄い勢いで売れているそうです。
そんな大会の実況を・・・はい、私が担当させて頂きます!
ちゃっかり宣伝になってしまいましたが、
楽しみ過ぎる両クラブの対戦、今から気合い入りまくりです!!
 
2月28日(土)13時30分から生放送、実況頑張ります!!!

20150219205419.JPG