4月16日 久野 静香

最近、"ザ!世界仰天ニュース"という番組で漁にたくさん出させてもらっています。
今まで経験した漁は、ウニ・毛ガニ・水ダコ・ハマグリ!!
20150414171420.jpg

漁をするうえで必要なものは、
5・6時間船の上で作業を続ける体力!!
そして、重い仕掛けを引き上げるために使う筋力!!
例えば、8キロの水ダコが入った20リットル入るタコ箱という仕掛けを持ち上げる・・・など。
その漁の後は、数日間筋肉痛が治りませんでした。
 
しかし、何とかやり続けられたのは、学生時代ソフトボール部で鍛えた下積みがあるからだと思います。
何かに全力で打ち込むことは決して無駄なことではなく、どこかで活きるんだ!!
"ソフトボール部に所属していてよかった"そんな感謝の気持ちを抱いていると、無性に母校に足を運びたくなりました。
 
というわけで、卒業してから初めて母校を訪問!!
ソフトボール部の練習を見ながらかつての自分の姿と重ね合わせたり、
さらに懐かしい部室に入れてもらったり。
楽しかったこと、つらかったこと、
たくさんの思い出が詰まったグラウンドをベンチに座って少しの間見つめていました。
部活が終わっても部室で座ってずっと話し込んでいたことや、
ストレッチ中にぎっくり腰になるという珍事件、ポジション変更で部活をやめたいとまで思ったこともありました。
今では全てがいい思い出です。
最後に、そこで培ったことが今の仕事にも活きていることに感謝をこめて、一礼!!
 
ちなみに、母校に行った際、もう10年以上経っているのに、
当時お世話になった担任の先生が今なお教壇に立たれていました。
しかも先生は、私がそのころからアナウンサーを夢見ていたこと、私の進路などを覚えていてくれたのです!!
思い出話に花を咲かせているうちに、
当時の自分が何を考え、何に向かって進んでいたのか改めて思い出しました。
 
恩師に会い、昔の自分を振り返り、憧れだった職業に就けたことに感謝しながら、
気持ちを新たに入社4年目になった1日1日を大切に歩んでいきます。