10月22日 森 富美

こんにちは、ヒョウ柄の都、大阪出身の森富美です。

最近、自らの認識不足を痛感する出来事がありました。

ヒルナンデスで、
「壺のようなものに頭がはまったヒョウ」のニュースをお伝えした時のこと。
「足の速いことで知られるヒョウが」という原稿に
「速いのはヒョウじゃなくてチーターじゃない?」と疑問の声が上がったのがきっかけで
両者の違いを調べ始めたのです。

確かに、チーターは最も足の速い動物ですが、
ヒョウも俊敏な動きで、ネコ科らしい狩りをするそうです。

体格を比べてみると、
チーターのほうが頭が小さく、足も細い。
ヒョウは、頭が大きく足が短く太めで、トラに近い体型。

一番わかりやすいのは、顔。
目頭から縦に長く黒い線があるのが、チーターなんですって。
ほう。

体の模様も違います。
チーターは、黒い斑点。
ヒョウは、黒い縁取りの中に、周りの毛よりは一段こい茶色がある、花柄に見えることもある模様。
へえ、知らなかった!

絵に描いてクイズにしようと思ったのですが、
残念ながら使えるペンの色が限られ、ヒルナンデスでは紹介をあきらめたので、
このページで改めてチャレンジします!

ジャン!

チーター

20151021010237.jpg


ヒョウ

20151021010253.jpg

おまけに、

ジャガー

20151021010310.jpg

これまで、「チーター柄」も「ジャガー柄」も
「ヒョウ柄」とよんでしまっていたことを反省します。

自然界では生息地域が違うので、
ヒョウとチーターとジャガーにいっぺんに出くわすことはないそうですが、
大阪では、あり得ます。

今度の里帰りでは、
「あ、ヒョウ」
「あっちは、チーター」
「ジャガー、来たぁ!」
と、心の中でつぶやくことになりそうです。