11月26日 佐藤 義朗

「これからは自分が主役ではなく、
若い選手たちを主役に引き上げる仕事をしていきたい」


今年 8月に現役引退を発表した柔道家・野村忠宏さんの言葉です。


前人未到のオリンピック3連覇を成し遂げた柔道界のレジェンド。
さらに後輩選手の面倒見のいい兄貴肌。
現役のアスリートという立場で、
日本テレビのキャスターを務めて下さった2012年のロンドン五輪でも、
競技後のインタビューゾーンでは柔道の後輩選手はもちろん、
他の競技の選手も必ず「インタビュアー野村忠宏」の前では足を止めていました。


度重なる怪我で、自身は立つことができなかったロンドンの畳。
そこで活躍する選手達の姿を伝えながら、
ホテルでは持参したトレーニングチューブで身体を鍛えていた野村さん。
現役選手として、またこの舞台へ、という気持ちを感じていただけに、
リオ五輪前年での決断は、並々ならぬものがあったのだと思います。


先日、久々に野村さんにお会いすることができました。
野村さんがお持ちになった小さな箱を開けると。


y_sato.jpg


1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネ、
それぞれ立場も思い出も異なる3つの金メダル。
その色は光り輝く黄金色ではなく、少し霞んでいるように見えました。
「皆に自由に触ってもらっていたら、少し色が変わってきたんだよ」


また、野村さんの人柄に触れた気がしました。


背負い投げでの豪快な一本勝ちのイメージが残る野村さんですが、
五輪では一つだけ後悔があるそうです。
それは、五輪の舞台では、
一度もオール一本勝ちで金メダルを取れなかったこと。


来年のリオ、2020年東京では、
レジェンドも成し遂げられなかった偉業を
「次の主役たち」が成し遂げられるのか、
楽しみです。