3月31日 杉野 真実

今から26年前の1990年、世界各国の映像をお届けしよう!というコンセプトから、一つの番組が産声を上げました。その名は「世界まる見え!テレビ特捜部」。
ちなみに、私が生まれたのも1990年です。


この26年の間、MCの所ジョージさんは一度も番組を休むことなく、放送回数は実に1026回。週1回放送のゴールデンタイムのバラエテイで1000回を突破!アシスタントの私は160回、そりゃあそうですよね。第1回は赤ちゃんでした・・。


4年間ご一緒して、番組のオープニングにかけるスタッフのこだわりには圧倒されています。
実際に放送されるオープニングは1分にも満たない場面ですが、何が起こるか想像のつかない位、楽しい時間です。たけしさんの変装はこれまでで930回以上。この4年間でも、衣装がパワーアップしていると感じます。
たけしさんがスタジオに蒔く水やCo2、更には、墨、ペンキと、どんどん落としにくいものに。
一番面白い瞬間を取り逃すことのないように、事前に打ち合わせを行いますが、本番はいつも台本を越えていく凄さに驚いている私たちです。


私にとって「世界まる見え!」は、アナウンサーになって初めて頂いた仕事、生まれた年に始まったご縁を感じる大切な番組です。
何よりも、アシスタントになった当初から、たけしさんや所さんから学んだ言葉は全て宝物です。
アシスタントになった当初の所さんの言葉がなければ、私はへこたれていたかもしれません。
「"いい"加減って、良くない?」。
「お湯にいい湯加減があるように、明確に何度と表示出来るわけではないけれど、何となく心地よい温度、その加減を探せるようになったら良いんだよ。でも、それは火傷したり、冷たくて寒っ!て失敗を重ねたりしないと分からないから、気楽にね」。
マイペースですが、一歩ずつ前進していこうと思います。


image1.JPG
たけしさんと所さんの傍で仕事をさせて戴き、本当に恵まれていると感謝しています。
番組内で同じVTRを見ていても、誰も思いつかないようなコメントをされるお二人から、少しでも学び、自分の糧とできるよう、そしてお伝えする立場で活かしていきたいと思います。
これからも皆様に愛して頂ける番組になるよう、「世界まる見え!テレビ特捜部」、頑張ります!
オープニングのたけしさんに、ぜひご注目下さい!