4月7日 郡司 恭子

たまご焼き、目玉焼き、オムレツに、エッグベネディクト。

姿・形を変えて私たちの食卓を彩ってくれる
「たまご」
食事の脇役にもなりがちな、このたまごが
年に一度だけ主役になる時期があります。

それがイースター。
イエスキリストがなくなった後、
3日目に復活したことを祝う、キリスト教の祭日です。

殻を破って生まれてくる復活の象徴たまごと
そして、こどもをたくさん生むいのちの象徴うさぎ。
このふたつはイースターには書かせないシンボルとも言える存在です。
(諸説ありますが...)

最近ではテーマパークでもこのイースターが題材となり、
耳なじみのある言葉になりつつある...ように感じています。

このイースター=復活祭の過ごし方や祝い方は国・地域によってそれぞれですが、
復活祭を迎える前に、この1年の自分を振り返り、反省して、自分自身を悔い改める。
というものがあります。

私もその風習にならって、
このイースターを機に入社してからこれまでをざっくりと振り返ってみました。

朝の情報番組ZIP!のショービズキャスターを担当して丸2年。
インタビュー250本以上。取材のために見た映画・ドラマ110本以上。

椅子に座って30分じっくりお話を聞くインタビューから
即興でダンスを踊るロケ、アリーナライブ舞台上での囲み取材に音楽の祭典、年末カウントダウンイベント...
数字だけ見ると、たくさんの現場に行かせて頂いたなあと改めて感じます。

そしてこの4月からもショービズキャスターとして
ZIP!の一員としてショービズコーナーを担当することになりました。

20160412212040.jpg

ショービズ界3年目。
去年から始まったZIP内の新コーナー
ショービズ界の最新情報をお伝えする「ショービズラビット」。

コーナーのアイコンは、うさぎ。
ZIPが早耳でキャッチした情報を、いち早くお伝えします。

新年度は始まったばかり。
満開の桜に気持ちを高ぶらせた新入社員のときのフレッシュな気持ちを思い出しながら...

アナウンサー4年目を迎えた今年もテレビの向こう側へ
たくさんのHAPPYをお届けできるよう務めて参ります。