6月1日 上重 聡

この場所に来るとなんだか不思議な気持ちになります。
背筋がピンと伸びる緊張感、何とも言えない高揚感、初心を忘れずもっともっと頑張れという
メッセージも自然と感じます。
私にとってはまさに特別な場所。
そう甲子園。
5月23日から25日で行われた巨人・阪神伝統の一戦の取材で甲子園に行って来ました。
甲子園を訪れるのは実に3年ぶり。
いつ来ても甲子園の独特の雰囲気に圧倒されてしまいます。
今思うとよくあのマウンドで平気な顔して投げていられたなぁと思います。
19年前の98年の夏。準々決勝対横浜高校戦。
延長17回にホームランを私が打たれて負けるのですが、今でも打たれた瞬間の金属バットと白球が奏でた音、マウンドから見たスローモーションのように飛んでいく白球がライトスタンドに入っていく光景、地鳴りのような大歓声に包まれながら「これで高校3年の夏が終わってしまう」と思ったこと。
甲子園に来ると当時の記憶が蘇ってきます。
そして明日からまた頑張ろうと、携帯電話で言うと充電器のようにパワーを満タンにしてくれ
私の背中を押してくれます。
「甲子園」いつもありがとうございます!!

ちなみに甲子園球場内にある甲子園歴史館には私が甲子園で使用したグローブが展示されています。大事に保管、展示して下さりありがとうございます。
IMG_0645.JPG