3月1日 藤井 恒久

相撲界が世間を騒がせている・・。
相撲を愛する私にとっては、ちょっと残念な騒ぎだ・・。
でも、どんなきっかけであれ、興味を持ってもらえればいい。
相撲は、知れば知るほど面白くなる!


私は幸い相撲記者として、相撲に深く関わらせてもらっているが、
以前、ロケで「新弟子」として相撲部屋に一泊二日滞在したことがある。


では、その時の様子をお伝えすると、
朝は5時半起床、さっと身支度をし、食事は摂らず(吐くから)
そのまま廻しを着ける。柔軟体操、四股、すり足、テッポウ、腰おろし・・。
冬だったが、全身に汗が滴る。そして申し合い稽古。
勝てば土俵に残れる。負ければ指名してもらえるまでアピール。
その後、ぶつかり稽古。転がされ、「立て!」と言われるが立てない・・。


稽古後(12時くらい)、空きっ腹に、ちゃんこ。
世の中にこんな美味いものがあるのか、というぐらい、美味い。
ちゃんこ鍋をどんぶり3杯、ご飯もどんぶりで山盛3杯食べた。
(もちろん唐揚げ、焼魚、サラダなど、おかずも多数)
そして満腹で昼寝。起きたらちょっと身体が膨らんでいる気が・・。


夕方は、掃除、洗濯、ちゃんこの準備。
私が行った部屋は、昼と夜のちゃんこが全く同じメニュー。
だが、その食べ直しが、たまらなく美味い。(またどんぶり3杯)
夜は大部屋で布団が重なるようにぎっしり敷いて寝る(15人くらい)


私は横に180キロの力士がいたので、寝返りを打たれる恐怖と、
いびきのオーケストラで寝られなかった・・(慣れるらしい)
一泊二日だったのに、家に帰って体重を測ったら、3キロ増えていた。
あのまま相撲部屋にいたら180キロになる自信がある。
いないけど。相撲は素晴らしい! 
おわり。 
20180223_183839.jpg