5月3日 伊藤 大海

最近の愛読書は『竜馬がゆく』です。

私の地元・愛媛県の南にそびえる四国山脈を越えれば、
そこは坂本龍馬の出身地、かつての土佐藩。
また、現在住んでいる東京は、徳川幕府が敷かれたかつての江戸。
今からおよそ160年も前の話ですが、昔の様子を想像し、今と比べながら読んでいくと、
物語を身近に感じることができます。

これまで時代小説は読んだことがなかったのですが、
登場人物の格好良い生き様に惹かれ、どんどんページが進みます。

その中で、非常に感動し、すぐにノートに書き写した言葉があります。
長州藩の桂小五郎に、当時20歳だった吉田松陰が話したこの言葉です。


(以下抜粋)
「学問も大事だが、知ってかつ実行するのが男子の道である。詩もおもしろいが、
書斎で詩を作っているだけではつまらない。男子たる者は、
自分の人生を一編の詩にすることが大事だ」(以上)

まさに、その生き様が一編の詩になるような人物。
すぐ思い浮かんだのが、先日、現役引退を表明し、
WBC元世界バンタム級王者でそのベルトを12回防衛した山中慎介さんです。


3月に行われた山中さん最後の試合。
私はボクシング班の一員として試合の前から取材に伺えました。


世界の強者を、"神の左"でリングに沈め続けてきた姿は、多くの人を魅了。
引退会見で帝拳ジムの浜田剛史代表は「最初の試合でチケットを買ってくれた人は
20人だったという話があったが、最後あれだけ多くのファンが集まったというのは、
山中の人柄に多くの人が惚れ込んだからだと思う」と話しました。

私は現在、主にスポーツ中継を担当しています。
その競技を分かりやすく伝えられるようになることはもちろん、
選手の生き様・輝きをより伝えられるようになりたいと強く思います。


20180501111403.jpg
『GOD'S LEFT(=神の左)』Tシャツ!
宝物です!


伊藤大海