5月10日 伊藤 遼

「一年経ったら見える景色も変わる。」
二年目になるタイミングで桝アナウンサーから頂いた言葉です。
この言葉の意味を、身をもって感じる出来事がありました。


先日、ZIP!のなーるほどマスカレッジの撮影で、
イルカの生態を調査するために静岡県の下田海中水族館にお邪魔しました。
ロケ先を聞いた時に驚き、そして懐かしい気持ちになりました。
というのも、実はここ、入社前に同期で旅行に来た場所なのです!


イルカのショーが見どころの下田海中水族館。
一年前、イルカのハイパフォーマンスに
ただただ圧倒されていた記憶が鮮明に残っています。
この時はまさか、一年後に探検隊の格好をして
ZIP!の撮影で来ることになるとは思ってもいませんでした。


ロケ当日、一年前に見ていたイルカたちと約40分にわたって泳がせてもらいました。
昨年の私には想像できない体験。
水中で一緒に泳がないと聞こえないイルカたちの発する声や、
イルカたちの張りのある肌に触れるなど、貴重な一日となりました。


水族館の皆様にこの話をすると、まず驚かれてから、
「また来年違う形で来てください」と笑顔で言っていただけました。
オンエアを見た同期からは
「あの場所で仕事している遼を見てなんだか感動した」と言ってもらいました。
仕事で思い出の場所に行くこと、本当に感慨深く、
アナウンサーとしての仕事の醍醐味を感じた瞬間でした。


一年前の自分が知ることのなかった世界を、今度はテレビを通して知ってもらう。
桝アナが言っていた一年の時の経過と共に変わる景色は、
意外なところに広がっているということに気づきました。


きっと今の私が想像している以上の未来が一年後に待っています。
今日私が体験していることが来年、
全く違う景色として広がっているかもしれないと思うと、
今から待ち遠しくてたまりません。
20180507172328.jpg
初めてイルカを触りました。かわいらしかったです。