7月19日 郡司 恭子

お恥ずかしいのですが・・・

今、韓国ドラマに、KPOPにはまっています。
どハマリ、していると思います。

中学高校はテニス部、
大学ではゴルフ部と、
授業以外はスポーツばかりしていたこともあり

少女漫画にでてくるような(女子校だったことも原因?!)
「●●さんかっこいい!」「雑誌の切り抜きを集めている!」
といった芸能界の話題に花が咲くような青春時代とは無縁でした。

大学生のころの愛読書は、ゴルフダイジェスト。
スイングのコマ撮りページを熱心に読み込んで
イメージトレーニングをしたものです。


と言っても、
人並みに映画は好きだったし、
音楽も人気の楽曲はMVを見て、振り付けだって覚えました。

ただ、毎日の生活になくてはならない存在だったかというと、
そうではなかったと思います。

そんな私に、遅れて青春時代がやってきた?!

社会人2年目、
友人の誘いで、とあるKPOPアーティストのコンサートに行くことになり。
学生時代、よく聴いていたし、行くかな・・・
その程度の期待感でコンサートに行った結果。

青天の霹靂。
感動の嵐。数日たってもさめぬ興奮。
なんだろう、この胸のざわめきは・・・

その日から、あっという間でした。
「韓流」という、これまであまり触れてこなかった世界に
わたしの日常は飲み込まれていきました・・・笑

移動時間は、KPOP。片手には韓国語の単語集。
家に帰れば、韓国ドラマ。
去年は語学学校にも通いました。

外食をちょっと我慢、コンビニでの買い食いをちょっと我慢をくりかえし
3ヶ月に1回は渡韓して、観光しながら自分の語学力を試しています。

好きこそものの上手なれ、
ということばがありますが
来年には日常会話が辞書なしでできるようになることが目標です。
きっとどこかに宣言しないと、勉強しないと思うので
ここに勝手に宣言します笑

次回ここにコラムを書くときには、ハングルでかけるぐらいになってるといいな。
20180717145515.jpeg
(韓国の市場での一枚)