8月30日 佐藤 真知子

ここ1か月くらい、社内で会う人会う人に、こんなことを聞かれます。


「ガラパゴス、どうだった!?」


アナウンス部員、番組スタッフ、さらには社内診療所の看護師さんにまで。
(看護師さんまで知っているとはビックリ!)


というのも、わたくし、
先月、"仕事"で"ガラパゴス諸島"に行って来ました!!


そう、日本からは乗り継ぎ含め30時間以上もかかって、
南米・エクアドル共和国に浮かぶ、
世界自然遺産第一号の、
あの、あの、「ガラパゴス諸島」です!!


・・・なんて、今は得意気に語っていますが、
行く前は「ガラパゴス?どこだ・・・それ。」状態。


唯一持っていた情報は、
今回、ロケでタッグを組んだ桝アナウンサーが言っていた
「生き物好きにとって、ガラパゴスは、夢の楽園、憧れの舞台」だということ。


ただ、幸か不幸か、番組側からは、
「あえて何も知らない状態で行って欲しい」という事だったので、
元気・やる気・気合いだけを持って、ガラパゴスに向かいました。


実際、現地には6日間の滞在でしたが、
毎日、島を渡り歩きながら、
多種多様な生き物を間近で見ることができました。


体の形、大きさは違っても、
それぞれが持つストロングポイントを最大限活かし、
過酷な環境の中で、
自らの命を懸けて必死に生き、生き抜いてきた
生き物たちの姿は、
本当に本当にかっこよかった。


生き物ド素人の私ですが、
だからこそ、純粋に、その一つ一つの生態や彼らの生きる環境に、
心を動かされました。


ガラパゴスの美しさ、ぜひ皆さんにも見て頂けたら嬉しいです。
「所さんの目がテン」ガラパゴス編は、10月放送予定です!!

20180827153231.JPG
#ガラパゴスリグアナと

20180827153257.JPG
#チャールズ・ダーウィンとおしゃべり

20180827153319.JPG
#桝アナとガラパゴスアホウドリと