1月17日 藤井 貴彦

風邪やインフルエンザが猛威をふるう中、
私たちevery.のキャスターも必死に健康管理をしています。


夕方のニュース番組news every.は次の4月で放送開始10年目を迎えますが、
番組スタート当初から続けている伝統があります。
それは、放送後の「お茶うがい」です。


3時間の放送が終わると、給湯室へ向かい、うがい用のお茶を作ります。
もちろんお茶は飲むものですが、
このお茶のおかげで健康管理が出来ているので、
1回1回、大切に思いながらうがいをさせて頂いています。

長年、温度調節をしてくれているのは、日テレのザキヤマこと山﨑誠アナウンサー。
あつあつのお茶ではうがいが出来ないので、そこに絶妙の量の冷水を注ぎ、
キャスター全員分のお茶を一生懸命作ってくれています。
いつもありがとう!!


写真をごらん頂くとわかると思いますが、
私、一応メーンキャスターのため、最初にお茶をもらえます(笑)
IMG_7107.jpg
スタジオは乾燥している上、報道フロアでは多くの人が働いていて
風邪やインフルエンザにかからないとは言い切れません。
もちろん予防接種もした上で、このお茶うがいがいいみたい!


お茶の香りがふんわりと広がって、おだやかな気持ちにもなります。
みなさんも、一度お試し下さい!