矢島学
生年月日
1971年9月
最終学歴
明治大学文学部(専攻 西洋史)
身長
172cm
血液型
A型
入社年
1995年
矢島学 アナの
メッセージ動画はこちら
アナウンスルーム 最新ラインナップ
アナウンスルーム TOPページへ
Q&A
  • 出身地
  • 長野県諏訪郡下諏訪町
    七年に一度、申と寅の年に行われる諏訪大社の「御柱祭」になると、“諏訪人”の血が騒ぎます。
  • 趣味・特技
  • 情報カメラ妄想ツアー

    地図や写真を頼りに、日本テレビ系列各局の情報カメラから見える風景を妄想し、現地を訪れた気分に浸るバーチャル全国ツアー。
  • 好きな言葉・座右の銘
  • 『自反而縮雖千萬人吾往矣(みずからかえりみてなおくんば せんまんにんといえどもわれゆかむ)』
  • アナウンサーとしてのやりがいを感じるとき
  • 2003年3月1日 日本武道館 GHCヘビー級選手権試合
    三沢光晴VS小橋建太という、プロレス界頂上決戦を実況し、本物のプロレスを伝えることが出来たことは、私のアナウンサー人生最大の財産です。
  • 私は〇〇人間だ
  • 私は「方舟」人間だ。

    「自由と信念」を旗印に、アナウンスメントの航海を続けながら、報道キャスターとして“地球規模の崇高なる王位”獲得を目指している。
season question
  • 2018年の抱負
  • 私は、全国47都道府県の中で、45都道府県に行ったことがあります。まだ訪れたことがない県は、2つだけ。それが、鳥取県と徳島県です。この2県に関しては、仕事でもプライベートでも、今まで一度も行く機会がありませんでした。全国ニュースを担当している私にとって、全ての都道府県の実情を体感することは、必須であると考えているのですが・・・。今年こそ、その夢を叶え、47都道府県“制覇”を達成したいと思います。それまでの間は、NNN系列局の情報カメラ資料を使った“バーチャル訪問”で、事前学習をしておきます。
  • 私の呼び名について
  • 私がまだ、プロレス実況班に所属していた頃、「副チーフ」と呼ばれていました。当時のチーフは平川アナウンサーで、プロレス班の中では、私が年次的に2番目だったからです。「呼ばれていた」というのは、多少大げさで、どちらかと言うと、自称でした。ですから、「自称副チーフ」が正しい表現でしょう。いや、既にプロレス実況アナウンサーを“引退”してから、4年半も経っていることを考えると、正確には「元自称副チーフ」です。

※シーズンクエスチョンは季節ごとに質問内容が変わります