東京で世界を食べ歩けるか!?

2011.06.17

ボリビア料理(いっこく堂 回)

20110610b2.JPG
「東京で世界を食べ歩けるか!?」第22食目は、
6月17日(金)放送のゲスト、腹話術でおなじみの
いっこく堂さんの回にちなみ、ボリビア料理に挑みます!
今回のメンバーは、ブログ担当(独身女子)と僕(若手作家)の2人。
さすがにボリビア料理のお店はなかなかめずらしく、
そしてついにタイトルのルールをついに破って、出てしまいました...
訪れたのは神奈川県横浜市の鶴見!
今回は特別版「東京...からちょっと離れてでも、世界を食べ歩けるか!?」です。

ボリビア料理を堪能できる「エルボスケ」。
コチラのお店「エルボスケ」を営んでいるご夫婦は、
旦那さんがボリビア生まれのコロニア・沖縄育ち。
奥さんが沖縄生まれのボリビア育ち。

実はボリビアには、コロニア・オキナワという地区があり、
第二次世界大戦後、沖縄の人たちが移住したという歴史があるんです。
そして今回のロケで訪れたのは、まさにコロニア・オキナワ。
自身も沖縄出身であるいっこく堂さんが5年ぶりに
思い出の地へ。
20110610b1.JPG
さらにコチラの相棒、実はボリビア出身
"カルロス・セニョール・田吾作"も一緒に帰郷です。

そんなこんな奥様とお話ししていると、
やってきたのは...ボリビアで飲まれている2種類のジュース。

20110610b3.JPG
「チチャ・モラーダ」 ¥300
パープルコーンにパイナップルとリンゴ、
そして、シナモンとクローブを入れて煮込んだ自家製ジュース。

20110610b4.JPG
20110610b42.JPG 
「モコチンチ」 ¥300
ボリビアから送ってもらっているという
乾燥した桃の種から煮だしたジュース。
独特の甘みと風味が豊かでボリビアを感じられます。

続いて料理の注文です!
20110610b5.JPG
「エンパナダ・デ・ポーヨ」 ¥320
「エンパナダ・ミクスト」 ¥320 
ボリビアでよく食べられているエンパナダ・デ・ポーヨは、
鶏肉、ポテト、卵、オリーブなどが入った揚げパイ。
サクサク感と旨味が詰まった中の餡がたまりません!

続いて、いっこく堂さんが現地で食べた「マハディト」という
干し牛肉と揚げバナナを使ったリゾットを注文。
しかし、現地で使っているバナナが入ってきておらず、
残念ながら食べられないとのこと...

そこで注文したのがコチラ!
20110610b6.JPG
「アヒ・デ・パンサ」 ¥850
牛のハチノスを煮込んだボリビアの定番料理。
ちょっぴり辛めでごはんともあう味付け。これは美味しいです。

そして、最後に注文したのはコチラ!
20110610b7.JPG
「ソーキそば」 ¥750
豚のスペアリブが入った、沖縄の定番料理。
実はこちらの「エルボスケ」、
ボリビア料理と沖縄料理の両方を出しているお店なんです。
オーナーさんの両地域への愛情が感じられる、
「アナザースカイ」にぴったりの素敵な発想です!

さて、6月17日(金)放送の『アナザースカイ』。
いっこく堂さんが、"カルロス・セニョール・田吾作"と
ボリビアを2人旅。
スタジオでは腹話術初体験の長谷川潤さんに、
驚愕の技を披露。
世界が認めた腹話術をMCにも伝授!?

放送をぜひお楽しみに!!!

ページ先頭へ