綺麗な富士山ですね
今回の舞台は山梨県南巨摩郡富士川町からお届けします


ゲストは4回目の登場 青山テルマさんです



早速名人の元へ


今回は名人二人!
生産者の佐野さんと開発者の三浦さん!
今回の食材は「サーモン」です
その名も「富士の介」
では、早速養殖場へ



ついて早々ヤンキーショット!!!


名人曰く「魚は水で出来ている」
ってほど水にこだわっており養殖場なのに匂いが一切しなくずっと掛け流しているそうです
おかげで魚も匂いが無く育つそうです。



それでは収穫へ


テルマさん入水!


網で追い込み木枠へ


収穫成功!


これが丸々太った「富士の介」
ここからさらに育てる事もできるそうです。



今回は富士山が望める場所で料理です


一品目は握り
料理人の佐久間さんは大物アーティストのお弁当を作って以来の緊張だそうです。


お寿司が好きなテルマも思わず踊りだす!



富士の介の握り完成!


食べて思わず



大輔さんも思わずこの表情!
美味しさが伝わりますね!


二人とも大輔さんの表情を見てホッとしてます。



二品目は名人の奥様に作っていただきました
名人との出会いを聞き楽しく話してました
富士山を通じて出会いなんてロマンティックですね



二品目のガリバタ味噌炒めの完成です



身がジューシーでした



タルタルフライと聞きテルマさん思わずガッツポーズ!
大好物だそうです


良い色ですね


完成です


最後は豆乳鍋を作ります
みんなでつみれ作り



乾杯!
鍋の中は?


美味しそう!



味もまろやかで富士の介のエキスがしっかり入った鍋でした
美味しかったです!


今回もロケに関わっていただきました
関係者皆様にこちらからお礼申し上げます
ありがとうございました。