八村塁

2019年6月23日 20:51

1995年、野茂英雄さんが大リーグにおける日本人活躍の
先鞭をつけました。

そして、2019年(令和元年)この男がNBAで
日本人活躍の確固たる道筋をつけてくれるはずです。

八村塁選手・21歳。

「塁」の名は野球のベースを意味する「塁」。
バスケを始める前、彼は野球をやっていました。

日本人として初のドラフト1巡目指名!
年俸は最大4億8000万円!
(4億8000億円ではありません・・・)

チームのあるワシントンのファンからは早くも
『ルイ!ルイ!ルイ!』の声が。
太川陽介さんもびっくりの『ルイ!ルイ!』コールなのです。


私、バスケットボールの知識はあまりありません。
漫画「スラムダンク」で得た知識くらいです。
(ボールをドリブルするときの音が『ダム、ダム、ダム』
と表記されることに衝撃を受けました!)
オフェンスとディフェンスの両方で活躍する「二刀流」になれるという
意見に対しても、心底理解できているわけではありません・・・。

「よ~し、これを期にバスケを勉強してワシントンで八村選手のプレーを
観戦しよう!」という日本人が急増することでしょう。
そう、かつて野茂英雄さんがロサンゼルス・ドジャースで活躍されたとき、
日本人が大挙してロスを訪れたように。

そして、これまでアメリカの政治的ニュースが中心だった
ワシントン支局の記者さんの仕事に
八村選手の取材が加わることは間違いありません。

八村選手のデビューは若手選手中心のNBAサマーリーグ。
日本時間の7月7日が濃厚とのこと。
七夕にデビューするなんて!
多くの少年達が短冊に『バスケ選手になりたい!』と書くことでしょう。
夜のスポーツニュースを観る楽しみがまたひとつ増えました。

頑張れ!八村塁!
彼はまだ、塁に出たばかりです!
これから豪快なホームランを打ってくれることでしょう!
もう、野球だかバスケだかわからなくなってしましました!
『まるでごきげんさ、ルイルイさ~ルイ!ルイ!』
(太川陽介・LuiーLuiより)

ではまた来週!

20190623.JPG