木下 真理子

祖父の影響で6歳より筆を持ち、専門的な知識と高度な技術を習得する為に、書道の研究では第一線として知られている大東文化大学に進学。そこで戦後の日本書道界を牽引した、故 青山杉雨(文化勲章受章)の継承者である髙木聖雨氏に師事。大学卒業後は日本を代表する書展で作品を発表し、数々の賞を受賞。『国際女性筆墨展』では、日本代表の女流書家として選出された。タイ王国にてシリントン王女御前揮毫、メジャーリーグ開幕戦では5万人の前で席上揮毫を披露。日本初の国立三大博物館巡回展『誕生!中国文明』('10年)をはじめ、宮内庁・奈良国立博物館主催 『第64回正倉院展』('12年)における同展初の書家によるテーマ題字、映画 『利休にたずねよ』('13年)のタイトル及び劇中題字、NHK 『にっぽんプレミアム』('15年)の年間(4シーズン)キャンペーンの題字等も手掛けている。またTV、雑誌、WEB等において、書道指南ともに日本の伝統文化の魅力を伝えている。エッセイの執筆活動も積極的に行っており、2019年には書籍の出版も予定されている。


20190110.png
VIVIANO SUE