河上 和雄

弁護士。1933年4月26日東京生まれ。血液型O。
1956年東京大学法学部卒業。
66年ハーバード大学ロースクール修士課程修了。
1958年検事任官。
東京地検検事、法務省公安課長・会計課長を経て1983年東京地検特捜部長に就任。
84年佐賀地検検事正、86年最高検検事、87年法務省矯正局長、89年に最高検公判部長に就任。
76年のロッキード事件では東京地検特捜部検事として捜査に加わった。
91年に退官し、北海学園大学教授、弁護士となる。
96年駿河台大学教授。
日本テレビ客員解説員。
著書に『好き嫌いで決めろ(1・2)』や多数の法律書がある。