• RSS2.0
  • Atom

のこぎり

2011/11/10

皆様初めまして。妖怪人間ベムで音楽を担当させて頂いているサキタハヂメです。
こんな宝物な作品に参加させて頂けて本当に光栄です。

いろいろお伝えしたい事がありますが、まず沢山頂いているご質問にお答えします。
あの「ふと思いがけずベム達の心が動くシーン」に流れるあの不思議な音色ですが、
あれは「のこぎり」の音です。
ミュージカルソウとも呼ばれる、西洋のこぎりを弓で擦って演奏する音楽です。
見た目こそ異形だけど「天から降り注ぐ光」のような、
それでいて「すぐそばにいた青い鳥」のようなサウンドを目指して20年弾き続けて来ました。
その僕ののこぎりがこんな素晴らしい作品に生きてくれるなんて...。

河野プロデューサーやスタッフの皆様と初めてお会いした時
「尋常ではない今の日本に、あえて尋常ではない妖怪人間達を通して人間の素晴らしさを伝えたい!」と熱く語って下さいました。
その想いを形にしたくて心を込めてサウンドトラックを作曲し演奏しました。

今はまだ「悲しみ」が流れる事が多いですが「希望」「異形の愛」など、
苦・怒・哀を乗り越えた先に光る、美・優・強・温・愛・人間賛歌の音楽も作ってあります。
もっともっと「大きな愛に包まれた未来」を歌い上げる「人間」バージョンです。
ベム達の身の上にそれが流れるような日が来るのを、心から祈っています。


SAKITA303.jpg
のこぎり

DSC_0027.JPG
のこぎりを演奏中のサキタさん


追伸: サウンドトラックも11/23に発売です。

 

のこぎり演奏家/作曲家 サキタハヂメ

▲ページトップへ

(c) Nippon Television Network Corporation