イントロダクション

それはいつ生まれたのか、誰も知らない。暗く、音のない世界で、一つの細胞が分れて増えていき、3つの生き物が生まれた。彼らはもちろん人間ではない。また動物でもない。だが、あの醜い体には正義の血が流れているのだ。

「はやく人間になりたい!」

その生き物は、人間になれなかった妖怪人間である!

妖怪人間 べム・ベラ・ベロ は、姿かたちこそ醜いが平和を愛する正義のヒーロー。 心は人間だけれども、「妖怪」でもない、「人間」でもない「妖怪人間」。妖怪人間であるために人間から恐れられ、嫌われ、はては刑事から追われる べム・ベラ・ベロ。しかし、刑事との友情が芽生え――。

ベム・ベラ・ベロは今までになかった人間とのふれあいの中で「人間になりたい !」という切なる思いは ますます募るばかり。そして、人間のために「悪」と戦い続けていればいつかは人間になれると信じて ――。

3人の「妖怪人間」と「人間」が贈る、怖くて可笑しくて、ちょっと切ない物語。 「はやく人間になりたい!」 切なる思いを抱えて、妖怪人間ベム、ベラ、ベロが40年の時を越え、よみがえる!

 

こちらもオススメ

新着ブログ

ブログ一覧