#09 2008.3.11

 オムオム(ユースケ・サンタマリア)から最後の勝負を持ちかけられた小山一美(小栗旬)は倉庫に連れて行かれ、前と同じように封筒貼りで勝負しないかと言われる。222万枚の封筒を明朝6時までにすべて貼らなければいけない。かつての封筒貼り勝負では友人たちに手伝ってもうものの、バイト代を払う羽目になってしまった一美に、オムオムは今度はお金を払ってはいけないと告げる。一美がお金抜きでどれだけの人間と繋がっているか見せてくれと言うオムオム。勝てば借金はチャラだが、負けたら心よりお金が大事だったと土下座しなければいけないこの勝負を一美は受けることにする。

 引田修三(八嶋智人)中原未海(山田優)は無茶だと言うが、一美は、前の勝負のとき、人との繋がりを信じていたはずなのに結局はお金に頼ってしまったので、今回はもう一度みんなを信じたいと言う。その言葉に動かされ、早く友達を呼べと言う引田。引田と未海は封筒を貼り始め、一美は友人を集めるためにメールする。

このサイトをご覧になるには FlashPlayer が必要です。