前回の放送

2016年11月22日 OA

★ハリセンボン vs ボンビーガール

写真

今回ハリセンボンの二人が逢いに行ったのは、、、
「人気エリア・池袋で家賃2万円!月の電気代350円生活だけど、月2万円のエステに通い続けられるから幸せ!
なボンビーガール」こと、"はこ"さんの元!
しかも今回のロケ、山口達也さんの後輩・Sexy Zoneの中島健人くんもガールと同じ22歳という事で緊急参加!
中島くんも驚く、池袋で家賃2万円の物件とは、一体...!?
と、早速ガールの自宅に到着した3人。家賃2万円の物件を目の当たりにして絶句...。
「レトロ...」と中島くんは表現したけど、「レトロ」以上にやっぱり古~い!
なんでも、築58年のアパートなんだとか!
外観に絶句した後、スタッフに促され3人は激狭な入口からガールのお部屋のある2階に向かうと...?
2階の細長い廊下は電気がないので薄暗く、両脇にはスリガラスの戸が いくつか並んでる...。で、
ガールのお部屋の合鍵を借りて、中島くんが戸を開けてみると...!
「せ、狭い!」そう、ガールのお部屋は何と3帖一間。
中島くんとハリセンボンの3人が部屋の中に入っただけでギュウギュウの状態。
押入れの中に突っ張り棒を2本張ったり、部屋の収納は極力壁にかけるよう工夫されてるから整理整頓はできてるものの、
住むにはやっぱり狭い!キッチンはあるものの、お風呂はなくてトイレは共同!
一体どんな女の子がこの部屋に住んでいるんだろう...?と3人が予想してると、今回のガールこと"はこ"さんが帰宅!
笑顔の似合うと~っても感じのイイ女の子!ちなみに、中島くんよりハリセンボンに逢えて喜んでた!
で、早速 なんでこの部屋を選んだのか聞いてみると...?
理由はやっぱり、家賃2万円という驚愕の安さ!実は"はこ"さん、将来女優になる事を夢見る女の子。
掛け持ちでバイトはしているものの、エステに通ったり、レッスン代やオーディションを受ける時の交通費を考えると、
どうしても家賃2万円という安さに魅力を感じたんだって!
バイト先のレストランでまかないを食べ、更にバイト先のジムでシャワーを借り、食費も光熱費も押さえて夢に向かって頑張る、
本当に真面目で健気で可愛らしい"はこ"さんなのでした!

★劇団ひとりの海外移住調査

写真

日本語しか喋れない、知り合いもいない、手に職もない、それでも海外移住はできるのか!?
劇団ひとりさんが徹底調査!
しかも、今回調査する国は、日本人が移住したい国ランキングで昨年9位から今年5位まで急上昇した話題の国、フィリピン!!!
フィリピンと言えば、治安が悪く、街も雑多で整理されていないイメージ...。
でも、安心してください!!!
今話題のドゥテルテ大統領に就任してからは、一気に犯罪率が低下!
街の至る所に警備員をつけて、人々の生活をより安全なものへと改革中!
日本人医師が常駐する病院も増え、今は日系企業も多数進出中だから日本人も多い大注目の国なんです!!!
早速ひとりさん、そんなフィリピンに 実際に移住してきた日本人ガールの元へ!
まず最初に逢いにいったガールは、、、「結婚生活9年にして離婚!滋賀県の田舎町で時給800円のアルバイト生活をしてたけど、
フラっと行ったフィリピンで簡単に仕事をゲット!
海から歩いてすぐのリゾートマンションに住めちゃったバツイチボンビーガール」こと"あゆみ"さんの自宅。海
から歩いてすぐ、、、と言われて行ってみたけど、本当に目の前が超~キレイな海!
まさにリゾート地に住んでる気分になる!
マンション自体はこじんまりとしているものの、入口先にはちゃんと警備員を兼ねたコンシェルジュが常駐してるから安心!
お部屋の中も と〜ってもキレイ!しかもこのお部屋、
東南アジアではごくごく当たり前の事らしいのですが、オシャレな家具・家電がついて家賃2万円!
しかも、週に1回家政婦さんが来てくれるんだとか!!!
ステキなお部屋に ひとりさんが感嘆しているところで"あゆみ"さんが帰宅!
バツイチには見えない、と〜ってもキレイな"あゆみ"さん。
なんでも、2020年に開催される東京オリンピックまでに英語を覚えて就職先を探そうとフィリピンに留学したものの、
あまりにも暮らしやすかったのと、留学先の語学学校で働ける事になったので
そのままこっちで生活を続ける事にしたんだって!
今はフィリピンで知り合った日本人の恋人もできて、本当に幸せそうな"あゆみ"さんなのでした!
更に もう一人、ひとりさんが逢いにいったのは...、「借金300万円...。時給700円のケーキ屋さんでアルバイトをしてたけど、
フィリピンに移住したらプール付きのマンションに住めちゃったガール」こと"まゆこ"さんの元!
早速ひとりさんが"まゆこ"さんの自宅に向かってみると...、なんとマンションの敷地内にジムやサウナ、プールまで!
お部屋の中も とっても広くて超~オシャレ!こちらの物件も家具・家電が備付で更に!
家政婦さんもついてて家賃3万5千円!でも、借金300万円って...?ひとりさんが気になったところで、"まゆこ"さんが帰宅!
実は"まゆこ"さん、家庭の事情もあって奨学金300万円を借りて写真学科のある大学へ。
卒業後、奨学金を返すために最初は結婚式のカメラマンアシスタントのバイトをしてたけど、
それだけでは食べていけず、ケーキ屋さんでバイト。
それでも奨学金の返済が追い付かず、困り果ててた時にフィリピン移住の情報を聞いて、思いきって移住!
しかも、初めてフィリピンにやってきた時の所持金はわずか5万円!
日本語しか喋れなかったけど、日本食のレストランという職場を見つけたから全然平気!
更にフィリピンでは、日本ほどカメラマンの仕事が充実していないから、
最近では"まゆこ"さんの元にカメラマンとしての仕事のオファーも来るように!!!
今は、世界中を飛び回るカメラマンになりたい!という新たな夢を掲げて今日も頑張るとっても可愛い"まゆこ"さんなのでした!

★女優の卵・柴田美咲の甑島で民宿を作ろう!

写真

鹿児島県薩摩川内市甑島に移住し、"地域おこし協力隊"に見習い隊員として入隊した女優の卵・柴田美咲。
"自然豊かで素晴らしいこの島に、もっと人が来るよう、民宿を作る!"という決意を新たに走り出した美咲さん。
前回、まるでジャングルのように草木が生い茂っていた庭を何とか「日本庭園」風に変身させるべく、
数時間かけて草木を刈り、やっとの思いで池の囲いを作った美咲さん。
遂に水を溜めようと期待を膨らませて池に水を引っ張ってきたものの...、どういうわけか水が貯まらない!
そこで、左官の達人、岩おっちゃんに見てもらうと...、理由が判明!
底の至る所に穴が!早速岩おっちゃん指導の元、池の底をキレイに掃除してモルタルを塗る事に!
これでようやく水が貯まる!
他にも、今回は ご近所中のおっちゃん達が手伝ってくれて、まさに夢のような「日本庭園」が完成!!!
美咲さんの民宿作りは、甑島の優しい人達の力で一歩一歩進んでいます!