前回の放送

2016年7月19日 OA

★新企画!山口達也の農林水産ガールズコレクション!!★

写真

大好評!山口達也の
"農林水産ガールズコレクション"は、
その名の通り農林水産に勤しむ
ミス&ミセスを紹介する企画!
今回、山口達也さんが向かった先は・・・
広島県!
ここに、"そろばんに青春時代を捧げ、
恋愛経験がゼロだったのに、
日本でも大ヒットしたアメリカのドラマ
「24」の主人公、
ジャック・バウアーそっくりの
王子様に見初められちゃって
農家に転身しちゃった農林水産ガール"
こと今回の農林水産ガール、
"ゆきえさん"が住んでいるという!
早速山口さんがそんな
農林水産ガールの自宅に
向かってみると...?
とっても立派な日本家屋が!!!
ところどころ修繕されてはいるものの、
日本の古き良き時代を象徴するような
広々とした一軒家!!!
なんでも、築350年だとか!
壁の赤土や、茅葺屋根の面影を残す
急斜面の屋根、曲がった木々を巧みに
利用した建込みなどを見て、
山口さんは大工さんならではの感想を語り、
家に入る前から感激しっぱなし!
そして、満を持して家の中に
入ってみると...
玄関脇にある広々とした
リビングダイニングにも、
至るところに江戸・大正・明治・昭和時代の
レトロな面影が!
ステキなお家に山口さんが感嘆している
ところで"ゆきえさん"が帰宅!
とっても優しそうな女性!
しかも!と〜っても可愛らしいお子さんまで!
いつ結婚したの?なぜ農家に転身したの?
山口さんが聞いてみると...
なんでも"ゆきえさん"、
農家になるなんてちっとも思っていなかった
8年前、広島市内を案内するボランティアの
活動中、たまたま旅行で広島を訪問中だった
カナダ人のジャック・バウアー似な
現旦那様に出逢い、猛烈なアタックを受けて
結婚したんだとか!
そんな旦那様が日本に来て"ゆきえさん"以外に
魅かれたものがもう一つ...
それが、ブドウの一種、"ピオーネ"
この甘さに虜になった旦那様は、
カナダの家を売り払い、"ゆきえさん"と結婚、
日本で農家になったんだとか!
今は可愛らしいお子さんにも恵まれて、
家族みんなでテニスコート42面分の畑で
"ピオーネ"の他さまざまな果実作り!
農家と子育てに追われ、
毎日とっても忙しい日々を送るけど、
それでも優しい旦那様と可愛い子供に囲まれて、
と〜っても幸せそうな農林水産ガールこと
"ゆきえさん"なのでした!!!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スペシャルボンビーゲスト
①杉本彩
②田村亮
スタジオパネリスト
植松晃士・劇団ひとり・杉村太蔵
ハリセンボン・森泉(五十音順)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★森泉お嬢様の100均生活〜特別編★

写真

森泉お嬢様の100均生活、特別編!
今回は22歳のシングルマザー宅へ!
なんでも、収納がなく、
新聞紙の上に靴を並べる玄関先をバリ風な
収納付き玄関にDIYして欲しいと要望が...!
とっても可愛いお子さんの為、
早速泉お嬢様が腕をふるいます(^^)♪

そんな、ママも子どもも大喜びした
「収納力抜群!バリ風玄関」はこちら!!!

WS000014.JPG
WS000015.JPG

泉お嬢様にDIYしてほしい人は、
トップページの応募ボタンをクリック!

★新企画!"リゾキャバ生活"!!★

写真

とにかく稼げるイメージのある
"キャバクラ嬢"。
でも、危険はないのか?辛くはないのか?
変な男に絡まれたりはしないのか???
いえいえ!そんな事はありません!!!
昼間はダイビングやサーフィンを楽しんで、
夜はキャバ嬢としてリゾート地で働く
通称"リゾキャバ"生活で
実際にhappyになったガールズたちが!
この企画は、そんな"リゾキャバ"生活を送る
ボンビーガールの元へ、自らも夜の仕事の
経験があるミッツ・マングローブさんが出向き、
大調査!
記念すべき1回目の今回、ミッツさんが
向かったリゾート地は...
東京都は伊豆七島の最南端「八丈島」!
早速ミッツさんが八丈島の、
まずはキャバ嬢たちが暮らす"寮"に
向かってみると...?
と〜ってもキレイなマンションが!
中に入ってみると、キレイに整理整頓された
普通の女子の部屋!
なんでも、部屋の中にある家具も家電も
この寮に備え付けられてるものなんだとか!
ミッツさんが待遇良しな寮に
感心していると・・・
今回のリゾキャバ嬢こと、"まりこさん"が帰宅!
日焼けが似合う、と〜っても可愛い女の子!!!
早速ミッツさんがなぜ八丈島に来たのか
聞いてみると...?なんでも"まりこさん"、
5年前、地元の九州で勤めていた会社が倒産!
とにかく住むところを確保したい!
と見つけたのがココ、八丈島での住み込みの
アルバイト!そこでキャバ嬢として生活を
始めてみると・・・家具・家電付の寮の家賃は
月21000円!
日中はダイビングやサーフィンが楽しめて、
更に月収のほとんどが貯金できる
まさに夢の生活を手に入れたんだとか!
同居人の"ゆりさん"も帰宅し、
更に色々と話を聞いていると・・・
八丈島は狭いので、近所の人たちと
助け合う日々!
この日も近所に住む漁師さんが獲れたての
金目鯛をおすそ分けに来てくれたり、
ますます住み心地の良さが伝わってくる!
実際ミッツさんも2人の勤める
キャバクラ店に向かってみると・・・
店長もと〜ってもいい人で、とにかく島外から
来たガールズたちが仲良く暮らしていけるよう
ノルマは一切なし!
なんて配慮もしてくれてるんです!
今では、八丈島の男性と結婚し、
この大自然の中でずっと暮らしていきたいと
夢をもつ"まりこさん"。
とっても幸せそうな
"リゾキャバ"生活なのでした!

★女優の卵・柴田美咲の甑島で民宿を作ろう!★

写真

鹿児島県薩摩川内市甑島に移住し、
"地域おこし協力隊"に見習い隊員として
入隊した女優の卵・柴田美咲。
"自然豊かで素晴らしいこの島に、
もっと人が来るよう、民宿を作る!"という
決意を新たに走り出した美咲さん。
今回は、カマドを修復!!!
でも、大・中・小、と3つもあるかまどは
今はもう、朽ち果ててる...。
そこでいつもお世話になっている、
左官の師匠"岩おっちゃん"に
見てもらうと・・・?
「直せるよ」のお言葉が!!!
美咲さん、大喜びして早速修復作業へ!
まずはバリバリに割れたかまどの中や
周りを埋めるべく、近所の山まで赤土を
採りに行く事に!
山の持ち主さんの了解も頂いて、
良質な土を選び・・・
足で踏んで粘土状に!
これを、ヒビ割れたかまどの隙間に
すべり込ませて乾くのを待つことに!
更に岩おっちゃんの指示を受け、
タイルの張替えやかまど口も見事に修繕!
そうして遂に!
美咲さん念願のかまどが復活!
早速白米を炊いたり、釣ってきたイカを
煮込んだりとかまどを使った
初の夕食作りへ!
「美味しい!!!」かまどで作った夕食は、
なんとも絶品なのでした!!!