バックナンバー

2013年8月20日 OA

★25帖なのに激安物件!"アレ"が住み憑いちゃってる夜中眠れない!?ボンビーガール★

写真

借りている物件は全部で25帖!!
家賃は激安だけど、
"アレ"が住み憑いちゃってる!?
ボンビーガール!

劇団ひとりさんが、初めてのボンビーガールのロケに挑戦!今回のボンビーガールのお宅は、"アレ"が住み憑いちゃってる!?ということで、気になる"アレ"を確かめるべく、早速お部屋へ。初めから「アレ=お化け」と決めつけてしまっている、ひとりさん。お部屋の中の生首におびえながら、「アレとはこのことでしょ!」といじるが、もちろんアレではなく...、と「ちょっと待って!」と、部屋の奥にあった日本刀を見つけ、「アレってコレで斬れるものなの!?」と無理矢理アレと結びつけようとする、ひとりさん...。続いて、冷蔵庫チェックをし始めたが、怪しげな黒い液体を発見し、「飲んでみてください」とスタッフに促され、しぶしぶ飲んではみるが、マズそう...。ひとりさんの出した結論は、「泥」。しかし、もちろん泥ではなく、これは、カクテルを作るためのカシスの原液とのことで、どおりで「体がカッカしてきた」と、ひとりさん。ここでひとりさん、ボンビーガールが借りている物件は全部で25帖、と思い出し、ガールに聞いてみると、このお部屋と自分専用のベランダを足すと25帖になるという。早速、ベランダを見てみると、部屋より広い、約14帖のベランダが!ここなら、長縄跳びも可能!?と撮影スタッフと長縄跳びをし始めるひとりさん。約11帖のお部屋と約14帖のベランダのお家賃は、当初50000円だったが、アレが出るために2000円安くなり、今は48000円なんだとか。さて、劇団ひとりがお化けと思い込んでいた本題の"アレ"の正体はネズミ!深夜になると、鳴き声や走り回る声でうるさいというが、ボンビーガールは全く平気そう...。そんなボンビーガールの将来の夢は、声優になること。古本屋でアルバイトをしながら、ネズミと生活するのだった!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
#SP④
スペシャルゲスト:二宮和也
スペシャルボンビーゲスト:尾木直樹、中村佐恵美
スタジオパネリスト:植松晃士、杉村太蔵
鈴木砂羽、ハリセンボン、はるな愛
藤本敏史、森泉(五十音順)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★彼氏と破局...風呂なし、電気なし!物置小屋に暮らす33歳のボンビーガール★

写真

3年前に彼氏と破局...
今は、風呂なし、電気なし!
朽ち果てた物置小屋で暮らす
33歳のボンビガール!

今回、DAIGOが向かった先は、沖縄本島からフェリーで1時間ちょっとで行ける、渡嘉敷島!ボンビーガール宅の周辺は、草木に囲まれて、まるでジャングルのよう。そのせいか、さっそく蚊に腕を刺されたDAIGOの腫れ具合はひどい有様。で、ボンビーガールのお宅は、朽ち果てた物置小屋のような外観、内観で、土足OKとのこと。部屋に入るなり目に付いたのは、底が抜けている床と、和風のテーブルの上に板、その上にテント用マットをのせてあるだけの簡易ベッド。DAIGOは、テント用の薄いマットを触りながら寝心地を確かめるが、「ココだけでしょ!柔らかいの...」と簡易ベッドに仰天。しかも、布団の代わりにあるのは寝袋だけ。寝心地はというと...DAIGOいわく「拷問!」。それもそのはず、室内推定気温は35度に達していた。電気は、どうしているのかというと...、ボンビーガールが住む物置小屋の隣にある、大家さんの家から電源をお借りしているんだとか...。その気になる物置小屋の家賃は...まさかの、魚10匹!「おいしい魚を毎月10匹持ってきて」という条件で、夢に向かって頑張っているボンビーガールのために、特別に物置小屋を貸しているらしい。そんなボンビーガールの夢とは...この島で大きな民宿を経営すること!今はお金がないので、手始めにボロボロの古民家を、全て自分で直して、小さな民宿を経営している。少しずつ、お客さんが増えてきたが、まだそんなに儲けは無いので...このボロボロの物置で暮らし続けているのだった!物置小屋には、お風呂もないので、お風呂は、お客さんがいないときに民宿のシャワーで済ませているんだとか。そんな生活があまりにもサバイバル過ぎて3年前に彼氏と破局しちゃったボンビーガール。今の恋人はというと...長渕剛の唄、ギター、バンダナというが、日々、大きな民宿を経営することを夢見て、ボロボロの物置小屋で生活するボンビーガールだった!

★21歳の女優の卵、美咲ちゃんが家賃8800円の古民家に戦後最大級の台風が!★

写真

21歳女優の卵、美咲ちゃんがボンビー情報を発信すべく、住み込んでいる家賃8800円の琉球古民家にはテレビもラジオもない。2ヵ月前から始めた、美咲ちゃんの日課は、ゴーヤーの水やりで、5月8日のゴーヤーの日に無料配布していた苗をもらい、大事に育ててきた。2ヵ月のゴーヤー成長を見届けながら、日々、一喜一憂していた美咲ちゃん。大きくなったゴーヤーを見て、「成長したなあ~!」と思わず一言。ゴーヤーが育つまでの2ヵ月間の美咲ちゃんは、お湯が出ないので、毎日水で髪を洗って髪がパサパサになってしまったり、ボロボロな家をなんとか住めるようにしたいと悪戦苦闘の毎日だった。そんな大変な毎日とゴーヤーの成長をリンクさせたのか...思わず涙を流した美咲ちゃんだった。そんなある日、いつもの近所のスーパーでお買物中に、戦後最大級の台風が石垣島に近づいているという店内放送で、初めて台風が近づいているのを知り、心配になる美咲ちゃん。美咲ちゃんのことをいつも気にかけてくれる近所の商店のお母さんに、防風戸を閉めることを教わり、早速、スタッフと防風戸を閉め、木を打ち付けて強化する美咲ちゃんだが、ボロボロな家が台風に耐えられるかどうか不安でいっぱい。そこで、番組スタッフと相談し、お隣さんに泊めて頂くことに。翌朝、家はなんとか台風に耐えたが、せっかく成長したゴーヤーは飛んでしまっていた...。放りだされたゴーヤーを手にとり、泣き崩れる美咲ちゃん。でも...、泣いてばかりじゃいられない、早くボロボロな家を直すことを心に誓う。

★ワケあり物件ガイド! 豪邸並みの広さのウォークインクローゼットが付いている激安物件★

写真

小島新田ボンビーワケあり物件
1)トイレ・キッチン付き
2)床全面フローリング
3)豪邸級の広さ!
のウォークインクローゼット付き


今回、砂羽さんが紹介するのは、多摩川も散歩圏内で羽田空港もすぐ、川崎市の小島新田にあるワケあり物件!小島新田で人気のインドカレー屋さんとお肉屋さんの上にあり、広々としたウォークインクローゼットが付いていながら、家賃は相場の半額という。ちなみに、小島新田1Rの家賃相場は57000円。中に入ると、昭和な雰囲気の共同玄関に年季の入った共同の流し、廊下を進むと...共同の和式トイレが2つ並んだ、ダブルトイレが...!そこでさっそく砂羽さん、「見てんじゃねーよ!」実はここ、和室トイレが2つあるので混み合っていても大丈夫なんだそう。そしていよいよ、広々としたウォークインクローゼットがあるというお部屋に潜入すると、フローリング4帖にキッチンが完備した、いいお部屋。お風呂はないが、歩いて5分の所に、夜11時半までやっている銭湯があるので安心。肝心の豪邸級のウォークインクローゼットはというと...怪しいカーテンを開けた先に。約4mもの奥行きがある細長いウォークインクローゼットを目の当たりにし、「人だったら何人はいるかな」と砂羽さん。確認してみると、大人が22人は入る広さ!実は元々、隣のお部屋につながる廊下だったが、大家さんが、「これは、今流行のウォークインクローゼットとしてウリになるかも」と、この部屋専用のスペースにしたんだとか。インドカレー屋さんとお肉屋さんの上にある、豪邸級のウォークインクローゼットがついた物件のお家賃は、激安の3万円だった!

★ボンビータウン札幌!激安スーパーの食材で、10人分のボンビーレシピ!★

写真

新企画始動!MC・山口達也さんが、今回は、山瀬まみさんと一緒に札幌の激安スーパーでお買いもの!たったの予算2000円で、撮影スタッフ10人分のお昼ごはんに挑戦!実は山瀬さん、スーパーに今もバリバリ通っている主婦で、どんなに仕事が忙しくても毎日料理をしているんだとか。ボンビー情報の宝庫だと語る山瀬さんと、新聞屋さんでスーパーのチェックをする山口さん。今回、山瀬さんが食いついたスーパーはその名も"マンボウ"。「食費を半額に!」というスローガンを掲げているお店なんだとか。そんな"マンボウ"で、山瀬さんから、お買い得商品、食材選びのコツなどを聞き、感心しっぱなしの山口さんだった!


【お買い得商品、食材選びのコツなど】
1)ポップが多い店=安さに自信があり
2)チラシの左上にある=目玉商品
3)ポップが大きいものは特に安い
4)とうもろこしのヒゲの数
=とうもろこしの粒の数
5)きゅうりはトゲトゲが
しっかりしたものが新鮮で、
トゲがとれるとそこから水分が抜ける
6)ネギは触ってみてしまりがいいものがよい
7)レジを早く通過するコツ
生鮮食品(魚・野菜)が少ない人の列は避ける
→バーコードがないと、手打ちになるので長くかかる傾向に
男性が多く並ぶ列は避ける
→小銭を遣うのがヘタだから長くかかる傾向に


【山瀬さんが購入したもの】
納豆2パック30円
絹豆腐2丁30円(※この商品は特売日価格です)
トウモロコシ1本79円
きゅうり2本38円
レタス1個50円
ネギ1本29円
イカ5杯295円
お米2kg799円
豚ひき肉およそ400g194円
揚げ玉1袋68円
これだけ買ってお会計は、1612円!なんと東京の半額以下だった!

【山瀬まみのボンビーレシピ】
(調味料等は今回のお買い物に含まれていません)


☆★夏祭りごはん★☆
★材料(10人分)
■米...5合
■とうもろこし...1本
(皮、ひげをとり、実をこそぎとる)
■イカ胴体...5杯分
(1cm間隔で切れ目を入れる)
■長ネギの少し青い部分...少々


★調味料
【米用】
■塩...小さじ1
■だし(粉末・顆粒)...小さじ2


【とうもろこし用】
■バター...10g
■しょうゆ...小さじ3


【イカ用】
■バター...10g
■A
しょうゆ...大さじ2
酒...大さじ3
みりん...大さじ2 
砂糖...大さじ1


【作り方】
1)炊飯器にといだ米、分量の水、塩、だしをいれる
2)フライパンでバター10gを熱し、
とうもろこしを焦げ目がつくように炒め、
しょうゆをいれ、1に加え炊く
3)再びフライパンにバター10gを熱し、
イカ両面を焼き、Aをいれて絡めたら一旦取り出し、
切れ目のところで輪切りにする
残った煮汁はとろみがつくまで煮詰める
4)皿に、ごはん、イカを盛り、煮汁をかけ、
最後に長ネギをのせる


☆★イカわたのみそ汁★☆
★材料(10人分)
■イカのわた...5杯分
■バター...20g


【下足、エンペラの茹で汁】 
■長ねぎ...1本 (斜め薄切)
■みそ...大さじ3
■ブラックペッパー...適量


【作り方】
1)鍋にバターとイカのわたをいれ、
つぶしながら炒め、長ねぎをいれ、さらに炒める
2)茹で汁をいれ、煮立ったらみそをとく
3)お椀によそい、ブラックペッパーをふる


☆★ゲソとえんぺらのきゅうりあえ★☆
★材料(10人分)
■イカのゲソ...5杯分
(吸盤をこそげとり、1本ずつ切り離す)
■イカのエンペラ...5杯分 
(1cm幅に切る)
■水...2リットル
■だし...大さじ1と1/2
■きゅうり...2本 
(すりおろし、水気をきる)
■寿司酢...大さじ3


【作り方】
1)鍋に水を沸かし、だしをいれ、
ゲソとエンペラをさっとゆで取り出す
※茹で汁はみそ汁用にとっておく
2)ゲソ、エンペラ、きゅうり、寿司酢をあえる


☆★納豆レタス巻き★☆
★材料(10人分)
■納豆...4パック
■豚挽き肉...およそ400g
■長ねぎ...1本(みじん切り)
■レタス...1個
(食べやすい大きさにちぎる)
■A
ケチャップ...大さじ4
しょうゆ...大さじ2
レモン汁...大さじ2


【作り方】
1)フライパンを熱し、豚挽き肉を炒め、
納豆を加え、さらに炒める
2)長ねぎ、Aをいれ混ぜる
3)レタスに巻いて食べる


☆★たぬき豆腐★☆
★材料(10人分)
■絹豆腐...2丁 
(食べやすい大きさに切る)
■揚げ玉...1袋
■長ねぎ...1本
■めんつゆ...適量


【作り方】
皿に豆腐、長ねぎ、揚げ玉を盛り、めんつゆをかける