バックナンバー

2013年10月 1日 OA

★パリの激安街に移住!激クサイ物体と暮らすボンビーガール★

写真

今回のボンビーガールは...
フランス語は全然しゃべれないけど、
いきなりパリへ移り住んだボンビーガール!
お金がないからゴハンはみんな貰い物...
靴下は穴だらけ...
給料が日本にいた時の
4分の1になっちゃったボンビーガール!


ということでDAIGOは、ボンビーガールを追って、初の海外フランス・パリへ!パリは、1から20の地区に分かれていて東京と同じようにそれぞれの区に特徴が!ボンビーガールが住んでいるのは、パリ19区。
ここは、異国情緒あふれ、安いお店が軒を連ね、東京でいうと、上野・御徒町といった辺りの雰囲気を醸し出していた。ボンビーガールのお宅は、エレベーターのない建物で、螺旋階段を上った5階。お部屋の棚には、ブックオフで買ったベルサイユのばらが...。なんと、パリにも、ブックオフが3店舗あり、パリ在住の日本人や、日本文化が大好きなパリっ子たちで連日大賑わいなんだとか...DAIGOは、ベッドのキッチンに備え付けてある小さな冷蔵庫を拝見し、恒例の冷蔵庫チェック!と、開けた瞬間しきりに「くせえ!」を連呼するDAIGO。異様なにおいを放つ、冷蔵庫の中の紙に包まれた、謎のクサい物体...。ボンビーガール曰く、クサい物体は約1年前に作ったチーズで、熟成したチーズが、大好物なんだとか...ボンビーガールの普段の生活はというと、パティシエの卵で、元々は、日本の有名ケーキ店に勤めていたが、ケーキ作りの基礎を学ぶ為に、フランス語も全然分からないのに、いきなり、パリに移り住んだという。現在、彼女が働いているのは、「ブッシュドノエル」を初めて世に出したといわれる有名なお店。今はまだ研修中で、月給は7万8000円ほど...。家賃が月6万5000円なので、残りは1万円ちょっとだけ。お金がないから、穴があいてしまった靴下は縫い合わせて再利用、カーテンレールはつっぱり棒と紐で手作り、と工夫していたのだった。また、家でもケーキ作りの練習がしたいと、ケーキ作りに欠かせない備品を身近なもので代用していたボンビーガール。スポンジの型抜きはコップ、生クリームを塗るのに必要な回転台は、電子レンジの回転皿、生クリームを絞るコルネは、キッチンペーパーで代用!日々、フランスでパティシエを目指し、家でケーキ作りの練習をする、努力家のボンビーガールだった!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
#SP⑤
スペシャルボンビーゲスト:小倉 智昭
スタジオパネリスト:植松晃士、杉村太蔵
鈴木砂羽、関根勤、ハリセンボン
はるな愛、森泉、矢作兼(五十音順)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★南の島出張所!天井は穴だらけ、砂だらけの古民家に21歳の女優の卵が住み込み中!★

写真

南の島のボンビー情報を発信すべく、
21歳の女優の卵、
柴田美咲ちゃんが
石垣島の古民家に住み込む企画!


家賃8800円のボロボロな琉球古民家に、先日、戦後最大級といわれる台風が直撃し、ボロ家の床は砂だらけ...天井を見ると、大量の砂がてんこもり...。砂の原因は、古い沖縄伝統の赤瓦屋根に原因があり、赤瓦屋根は、竹、土、瓦の3層構造で、昔はセメントがなかったため、竹の上に赤土を敷き、その上に瓦を固定していたのだが、長年の雨風の影響で老朽化し、赤土がどんどんくずれ落ちてしまっていたのだった。「砂をなくさないと、天井がおちてきそう...」と美咲ちゃん。天井は、木の棒に何枚ものベニヤ板がのっかっているだけ。すると、美咲ちゃん、天井を全部外し変える事を決意!早速、天井に必要な板を買いにホームセンターへ。今後の安全な生活を考えて、厚さ4mmの板を9枚買うことにした美咲ちゃん。天井板の張り替え作業開始から2時間...。ボロボロだった天井が、見違えるほどきれいな天井が完成!「ちゃんと天井がある!家だ!安心して眠れる」と大満足の美咲ちゃんだった!

★ワケあり物件!泳げるくらいの広いお風呂がついている激安物件★

写真

今回紹介したエリアは、
新宿までたった13分!
丸の内線で、
銀座まで1本で行けちゃう、
超人気の街「荻窪」。


荻窪ボンビーワケあり物件
1)床全面フローリング
2)日当たり良好!バルコニー付き
3)驚きの...
泳げるくらい広いお風呂付き


今回、砂羽さんが向かった物件は、荻窪1Kの家賃相場74000円よりずっと安い家賃なのに、泳げるくらい広いお風呂がある!?物件!2階へ上がり、物件の入り口を入ると...大量のハーブや、シカの骨があり、なんとも怪しげな雰囲気...。これは、大家さんの趣味なんだそう...。本当に泳げるような広いお風呂があるの!?と、砂羽さん期待に胸を膨らませて、お部屋に潜入。全面木目調のきれいなお部屋だが、建物の中を見回っても、泳げるくらい広いお風呂はなかなかみつからない...「屋上じゃないの?最近のキーワードは屋上」と、屋上を確認してみると、「あっ!やだ、こんな所に煙突があった」と砂羽さん。目の先には、銭湯の煙突が...!実は、1階は銭湯で、銭湯を経営している大家さんが、上の空いているお部屋をリフォームして、賃貸物件として貸し出していたのだ。ここに住んでいる住人のみの特典...、それは、お風呂が1日1回、タダで入れちゃうこと!東京都の銭湯の入浴料は、大人450円なので、月におよそ1万2000円の入浴代がタダになるという計算!人気の荻窪、銭湯の上にあって、入浴料はタダ、家賃相場よりずっと安いという、気になるお家賃は...、4万6000円の超お買い得物件だった!

★銀座で家賃込み月7万円で暮らせるのか!?食費は?★

写真

今回紹介するボンビータウンは、
日本一物価が高いといわれる...銀座!
この街で、月7万円で暮らせるのか!?


レポーターには、渋谷で生まれ育った、シティボーイの東幹久を初投入。銀座のワンルームは、家具家電付きで、月のお家賃34万1000円と超高級なお部屋がある中、なんと!家賃4万1500円の激安物件があるとのことで、早速大調査!その激安物件があるところは、三越まで徒歩圏内という立地の良さ!空いているお部屋は「302」なのに、東さんがいるところは、なぜか最上階の2階...。「あれ?階段の途中に2階があった!?」と不思議がる東さん。見渡す限り、階段は2階までしかないのに、「301」とインターフォンに書いてある謎の扉が。ドアを開けると、3階に行ける中階段を発見!「そういうことだったのね!」とやっとのことで、「302」のお部屋に潜入すると、すてきな4.5帖のワンルームだが、天井が低く、183cmの東さんの頭がすれすれ...。お部屋には、むき出しのガスメーターがあり、エアコンなし...。部屋の中の気温33度と、汗だくの東さん。トイレは、共同トイレで、わざわざ1階におりなくてはいけない、しかも...お風呂もないが、この物件から、わずか500mのところに銭湯があるので一安心。銀座の食はというと、銀座クレストンホテルの最上階で食べられる、1万円の伊勢海老カレーと高級なイメージだが、その1/30以下の値段でカレーが食べられる穴場スポットが銀座にあった!東銀座駅から徒歩3分にある、中央区役所の最上階には、一般の人でも利用できる職員食堂があり、中でも人気なのが、300円のカレーライス!さらに、銀座近郊には、日本各地の特産品を多くの方に知ってもらう目的で、各県のアンテナショップが27軒もあり、"茨城マルシェ"では、茨城産地直送の採れたて新鮮野菜を格安で購入できるというので、銀座でも安く自炊ができそう。今回の調査結果をまとめると、家賃4万1500円の家に住み、光熱費は8000円と考え、食費は1日あたり600円ですみそうなので1か月2万4000千円、7万円あれば、銀座に暮らしていけそうです!

★青森の激安スーパー食材で、予算2000円で10人分のランチに挑戦!★

写真

今回、山口達也さんは、主婦タレントの田中美奈子さんと一緒に青森の激安スーパーでお買いもの!たったの予算2000円で、撮影スタッフ10人分のランチ作りに挑戦!田中さんは現在、結婚9年目で、2人の子供を育てるバリバリ主婦!田中さんが食いついた青森の激安スーパーは"ふじわら"。


【お買い得商品、食材選びのコツなど】
1)入口には、チラシに載っていない
お得情報がある場合がある
2)大根→毛穴がまっすぐだとみずみずしくて甘い
3)ぶなしめじ→カサが開きすぎず、
ふっくらして密集している物が新鮮
4)さんま→口が黄色いさんまは
脂がのっていて新鮮
5)ホタテ→ヒモが貝がらにしっかり
くっついているのが鮮度が高い
6)熟年のパートさんはレジ打ちが早いらしい


【田中美奈子さんが購入したもの】
大根2本40円
水菜39円
小松菜1袋100円
しめじ1株58円
とうもろこし1本39円
かぼちゃ1個100円
もやし2袋50円
にんじん1袋(7本)88円
ホタテ10枚380円
そうめん(450g)2袋176円
手羽元(600g)116円
これだけ買って、お会計は1186円!
なんと東京の平均の1/3以下の値段だった!


【田中美奈子のボンビーレシピ】
(調味料等は今回のお買い物に含まれていません)
1)ホタテのあんかけそうめん☆1人前71円
★材料(10人分)
■ホタテの貝柱...10個
■もやし...1袋
■小松菜...1束
■にんじん...4本
■しめじ...1株
■そうめん(450グラム)...2袋
■サラダ油...適量(そうめんを焼く分)
■ごま油...大さじ4
■水溶き片栗粉...適量
■(A)調味料
水...600ml
酒...大さじ4
オイスターソース...大さじ4
しょうゆ...大さじ2
中華スープの素...小さじ4
【作り方】
1)ホタテの貝柱とヒモを分け、
ホタテのヒモは残しておく
2)貝柱は4等分にカットし、
小松菜は3センチ幅、
しめじは石づきをとってほぐしておく
3)フライパンにごま油を入れて、
にんじん、もやし、小松菜、しめじ、
ホタテを炒める
4)そうめんをゆでて、ゆであがったら、
水洗いしてぬめりをとり、
フライパンにサラダ油をひいて、
両面をパリパリになるまで焼く
5)しんなりしてきたら、
(A)の水と調味料を入れ、
沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけて、
(4)にかける
【ポイント】
●貝ベラがなければ、
代わりにスプーンを使って、貝柱を切り離す
●そうめんは水洗いすることでコシが出る
●フライパンでパリパリに焼くことで
「かた焼きそば」のような感じに仕上がり、
おこげの香ばしさが美味しい


2)ホタテのヒモと水菜の和え物☆1人前11円
★材料(10人分)
■ホタテのヒモ...10枚分
■水菜...1束
■中華ドレッシング...適量
【作り方】
1)ホタテのヒモを沸騰したお湯で
約30秒ゆでて、水菜もさっとゆでる
2)水気を絞った水菜と、ホタテのヒモを
中華ドレッシングで和える
【ポイント】
●水菜は生でも食べられるので、
沸騰したところに30秒ぐらいで、さっとゆでる
●ホタテのヒモはゆですぎると固くなるので、
30秒ぐらいで、さっとゆでる


3)かぼちゃとコーンのサラダ☆1人前16円
★材料(10人分)
■かぼちゃ...1個 
■とうもろこし...1本
■オリーブオイル...大さじ2
■マヨネーズ...大さじ4
■塩、こしょう
【作り方】
1)かぼちゃは2センチ角ぐらいにカットして、
電子レンジでやわらかくする
(皿にラップをふんわりかけて、
600ワットで約8分、500グラムのかぼちゃで約5分)

2)とうもろこしは、粒を包丁でそぎ落とし、
フライパンにオリーブオイルを入れて炒め、
塩こしょうする
3)(1)のかぼちゃをお好みでつぶして、
とうもろこしを加え、粗熱がとれたら
マヨネーズで味付けする
【ポイント】
●電子レンジで加熱すると、
時間が短縮でき、栄養が逃げない
●とうもろこしは炒めることで、甘みもアップ


4)手羽元と大根の煮物☆1人前20円
★材料(10人分)
■大根...1本
■にんじん...3本
■手羽元...600グラム(10本)
■(A)調味液
だし汁...400ml
しょうゆ...70ml
みりん...30ml
酒...30ml
砂糖...大さじ2
【作り方】
1)大根、にんじんは乱切りにして、下ゆでする
(下ゆですることで、大根の臭みが抜け、
さらに余分な水分も抜けるので味が浸みこみやすくなる)

2)フライパンで手羽元を皮の面を下にして焼き、
焦げ目がついたら返して両面焼く
(皮面から焼くと、鶏肉から油が出てくるので、
油をひかなくてもOK)

3)(2)フライパンに、(1)の大根、にんじんを
下ゆでしたものを水気を切って入れて、
(A)の調味液を入れて、
味がしみこむまで煮る