バックナンバー

2015年4月 7日 OA

★ハリセンボンのハワイへ移住はできるのか?大調査★

写真

 今回、ハリセンボンの2人は、

南の楽園・ハワイで、"英語も話せない、

知り合いもいない、お金もない、手に職もない、
それでもハワイに移住する事はできるのか?"

を徹底調査!

まずはお金がなくても借りられるお安めの物件

を探す事に!探し方はとっても簡単!
日本から検索サイトで「ハワイ 賃貸」と

入力すると、「びびなびハワイ」のサイトを

見つける事が!
このサイト、ほとんどが日本語表記で、

日本にいながら簡単にハワイの賃貸物件を

探す事ができるんです!
他にもハワイの中心地・ホノルルの街角では、

いたるところに物件や求人情報誌が!
もちろん、この情報誌も日本語のものが

ほとんど!

そんな中見つけたお安め物件に

ハリセンボンの2人が実際行ってみる事に!
海からも、ハワイ最大の

"アラモアナショッピングセンター"からも
徒歩圏内の好立地にあるその物件、

なんと一か月のお家賃795$!
もちろん、トイレ・バス付きで室内も

と~ってもキレイ!
ハリセンボンの2人もこの物件には大満足!

でも、実際移住するとなると他にも

色々お金がかかる...。ということで次の物件へ!
ハリセンボンが向かった先は、シェアハウス!
こちらもホノルル中心部に位置する

好立地な物件!
ハワイにはシェアハウスがい~っぱいあって、

家賃も安くて大人気なんだとか!

でもやっぱり、ハワイに来ても仕事がないと

生活できない...という人の為に、
今度はハワイの仕事情報を紹介!
日本から検索サイトで「ハワイ 求人紹介」と

入力すると出てくる、
「ステップフォワードサポート」のサイトへ!
このサイト、全部日本語表記で、ハワイの

仕事を紹介してくれる会社のサイト!
で、このサイトから「未経験でもOK!」

しかも、「一か月の給料1600$!」という
とってもステキな職場を見つけたハリセンボンは

実際行ってみる事に!

それが、ワイキキビーチ目の前のリゾートホテル

にある「ウェディング&スパ」のお店!
仕事内容はハワイで挙式するお客様の接客業務

や着付けのアシスタント、受付などなど!
実際ハワイに来て未だ1か月の日本人女性も

働いていて、と~っても楽しそう!
ハリセンボンの2人は、他にも日本人でもOK!な

求人募集中のハワイアンジュエリーのお店に

行ってみたりと大調査!

結果、ハワイで働くには就労ビザが必要だけど、

アメリカ人と結婚すると永住権も取得できるし、
案外、ハワイで移住する事はできるかも!?

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

#SP23
スペシャルボンビーゲスト:渡辺えり
スタジオゲスト:柴田美咲
スタジオパネリスト:植松晃士、劇団ひとり
杉村太蔵、鈴木砂羽、DAIGO
ハリセンボン、森泉(五十音順)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★森泉の100均生活~特別編★

写真

森泉お嬢様の100均生活、今回は特別編!
番組で泉お嬢様にDIYしてほしい方を
募集したところ、たくさんの応募が!

で、今回はそんな中から2人の子供を持つ
シングルマザーのお宅へ!
なんでも、お母さんからぐちゃぐちゃなキッチン

をキレイにしてほしいと要望が...。
早速お嬢様が行ってみると、確かにキッチンが
とっても使いづらそう...。
そこでお嬢様には予算1万円で激安DIYを!
しかも今回は賃貸物件なので壁を
傷つけないように!

 で、完成したのはこちら!

after.jpg

 

 

 






泉お嬢様が出張DIY!
キッチンが狭い...収納がない...などなど

お悩みの方は、トップページの
応募ボタンをクリック!

★鈴木砂羽 人気タウン池袋にある幸せ!物件ガイド★

写真

今回は、住みたい街ランキングの常連タウン、

池袋にある"日本のガウディ"こと
梵寿綱(ぼんじゅこう)さんが

デザインした物件を紹介!

さすが"日本のガウディ"の美称を持つ

だけあって、部屋の中はもちろん、
エントランスや外観がと~ってもオシャレ!!!

しかも、池袋の家賃相場が12万2千円なのに

対し、今回の物件、一か月の家賃

なんと8万5千円!
超ステキな幸せ物件なのでした!

★あばれる君の地域おこし協力隊★

写真

最近よく耳にする田舎暮らし!
都会の喧騒から離れ、ゆったりとした時間を

過ごし、畑を持って農業を楽しむ!
そんな田舎暮らしを考えてる人は、なんと

20代で約40%もいるんだそう!
でも、田舎に行ったところで仕事はあるのか...。
と不安に思ってる方!心配は無用、
なんと、仕事を紹介してもらえ、

すぐに田舎で生活できちゃう
夢のような制度が日本にはあるんです!
それが、"地域おこし協力隊"!
これは、2009年に総務省が始めた制度。
人口減少を防ぐために、別の地域の人に

住居や仕事を提供して移住してもらおう

ということで、現在その数、およそ150件!

今回あばれる君は、そんな

"地域おこし協力隊"として
長野県下伊那郡泰阜村で働く

27歳の女性の元へ!
彼女の仕事は"けもかわ制作"といって、

畑を荒らす鹿を駆除し、その皮を使って

村の収入に貢献する仕事!
しかも、泰阜村で"地域おこし協力隊"として

働くと、給料のほか、軽自動車が支給されたり、

住居も村の格安物件を紹介してくれるんだとか!

こんなステキな制度を知って、あばれる君は

いつも以上にテンションが上がるのでした!