前回の放送

2017年10月 3日 OA

★DAIGO vs ボンビーガール

写真

今回DAIGOが会いに行ったのは、、、
「月収20万円!二子玉川のデパートで
アパレル店員をしていたのに、
田舎暮らしに憧れて移住!
築50年の賃貸物件で、
怒らせると大変なアイツが
大量に侵入!だけど仕事は午前中だけで
貯金もできちゃうから幸せ!
な、ボンビーガール」こと"みき"さんの元!
早速DAIGOが"みき"さんの移住先、
山形県は小国町に向かってみると、、、?
辺り一面木々生い茂る大自然の山中!
そんな自然豊かな環境の中にある
"みき"さんのおうちは、
ちょっとレトロではありますが、
住むには十分な大きさの一軒家!
玄関を開けると、
なぜか直ぐ2階に上がる階段があったり、
2階の部屋や廊下は若干昭和チックだったり
するけれど、、、とにかく広い!
更にお部屋の中にはパソコンが1台。
"みき"さんの職業を"株のトレーダーかなんか?
"DAIGOが想像しているところで
"みき"さん帰宅!
とっても清楚な、確かに二子玉川に
いそうなキレイなお姉さん!早速DAIGOが
何故この町に移住してきたのか
聞いてみると...?
それはやっぱり、この大自然の絶景を
初めて見た時に心を奪われたからだそう!
で、DAIGOがもう一つ気になっていた、
"怒らせると大変なアイツ"の
正体を聞いてみると...?
"みき"さん曰く、なんと"アイツ"の
正体は"カメムシ"!!!この辺りに生い茂る
スギの木の実がカメムシの大好物で、
とにかく家の中にも大量に発生するんだとか!
それにしても、こんな大自然の中で、
貯金もできちゃう"みき"さんの
職業って一体...?
その答えは おうちの1階にありました。
何と1階には鶏がいっぱい!
そう、"みき"さんはここで養鶏を
営んでいる農家さん!
そもそも鶏の事は
好きでもなんでもなかったものの、、、
この小国町で直ぐに始められる、
いわゆる初期費用がそんなにかからない
農業が養鶏だったから、
3か月間の研修を受けて養鶏農家さんに!
今では、飼ってる鶏1羽1羽が
頬ずりしたいくらいに可愛いんだとか!
しかも、養鶏農家の魅力は
初期費用の安さ以外にもう一つ!
働く時間が午前中だけって事!
毎朝7時に餌を与え小屋の掃除をし、
生みたての卵を取ってそれをパックに
詰めて、販売先の道の駅に運搬すれば終了!
今は鶏の数がそんなに多くないので
月収にするとだいたい
2万5000円くらいだから、
平日の午後はアルバイトもやってるけど、
心優しい大家さんが、東京から来た養鶏農家の
"みき"さんの生活を思いやって
家賃はタダにしてくれてるんだそう!
ゆくゆくは鶏の数を100羽くらいまで増やして、
養鶏農家として生活していく事が
夢だと笑う"みき"さん。
思い切って移住して、
まさに幸せになった
ボンビーガールなのでした!!!

★森泉 vs自腹で買ったボロボロ空き家

写真

泉お嬢様がガチで!自腹で!
都内の空き家を買って!!!
自分で暮らしやすいお家に
DIYしちゃう この企画、
「泉お嬢様の空き家再生大臣」!!!
4000万円のボロボロな空き家を
自腹で購入した泉お嬢様、
今回も家の中を破壊し尽します!!!
今回着手したのは庭先にある雨除け部分!
ひさしから全て取っ払って、
庭を広々と使うのが泉お嬢様のプラン!
でも、ひさしをぶっ壊した先に見えてきたのは、
"シロアリ"ではなく"クロアリ"の動く姿...!
そもそも"クロアリ"は"シロアリ"を
食べてくれる味方でもあり、
家の中に土を運んで巣を作るから、
家の老朽化につながり、敵にもなっちゃう存在。
しかも"クロアリ"がいるって事は"シロアリ"も
未だいる可能性が高いんだとか...!
泉ハウスの行く末、まだまだ前途多難です!!!

★サンシャイン池崎 vs 新宿のちょっとワケあり物件

写真

何かをガマンすれば家賃が相場よりも
格段に安い物件が都内にも!
そんなワケありボンビー物件を紹介する
この企画に、張り切って
サンシャイン池崎さんが初登場!
オープニングからテンション高めで登場した
池崎さんが紹介する物件は、
大都会・新宿にある、
"家賃は相場の36%オフ"な物件!
でもこの物件、
"どこにも行けないドア"が付いているとか...。
はたして どんな物件なのか!?
早速池崎さんが向かってみると...?
外観は、ごくごく普通の物件。
1階が貸しレッスン場になっていて、
劇団員や歌手志望の方にはうってつけの物件。
で、2階の居住スペースに向かってみると...?
玄関から壁が真っ白!
そう、この物件、
3年前にリフォームしたばかりなので
とってもキレイ!お風呂とトイレも別々!
部屋自体はちょっと狭いけど、
収納スペースもそれなりにあるから
一人暮らしするには十分なお部屋!
で、問題の"どこにも行けないドア"
というのが...?
実は玄関の目の前、お部屋の手前にありました。
ドアの取っ手とカギだけが
残されたドアの枠だけが...。
「これ何!?何のために!?」
池崎さんも驚いているところで、
この物件のリフォームを担当した、
一級建築士の資格を持つ大家さんが登場。
なんでもこのドア枠は、
リフォーム前の和室に残っていた扉の一部で、
玄関を開けてすぐお部屋の中が見えると
プライバシーも何もないと、このドア枠に
バスタオルでもかけて中の様子を
少しでも隠せればいいと
思いついた大家さんがわざわざ残した
心遣いの一つでした!!!
なるほど、どこにも行けないけど
活用方法はちゃんとある!
納得したところで家賃発表!
なんとこのお部屋の家賃は6万4000円!
マジで引っ越しを考えちゃう
サンシャイン池崎さんなのでした!!!