バックナンバー

2018年2月13日 OA

★チョコレートプラネット VS 移住ガール

写真

今夜は、"地方へ!離島へ!海外へ!!!
ボンビーだったのに思い切って
移住したら幸せになっちゃった!"
ガールSP!!!
まず最初に移住ガールの元へ
向かってくれたのは...、
今やIKKOさんや和泉元彌さんの
モノマネでブレーク中、
チョコレートプラネットの二人!
もちろん今回も!
さむ〜い寒いロケ日の中、
露出の多い&薄着なIKKO&
和泉元彌さんの恰好で登場!
そんな二人が向かってくれた場所は、、、
"日本一美しい"とされる
真っ白な砂浜が魅力で、
今、観光客急増中の"美しすぎる島"、
九州は長崎県沖にある
五島列島の一つ"福江島"!
ここに、"広尾で働く25歳独身!
東京は赤羽のちょい飲み屋で
出会ったおじさんに誘われて、
東京から1000キロ離れた離島の、
築60年の空き家にたった一人で移住!
でも、移住後スグに社長になっちゃって、
月収100万円も夢じゃないから幸せ!な
移住ガール"こと"むつき"さんが
住んでいるという...。
こんな夢みたいな話、ホント!?
って事でチョコプラの二人が
行ってみると...?
確かに築60年だけあって、
年季の入ったレトロな一軒家が、、、。
で、中に入ってみると、
室内もだ〜いぶ古めかしい...。
居間の中央には囲炉裏まで...!
でも、一軒家だけあって広〜いお家を
中へなかへと進んでいくと...?
布団の敷かれた、おそらく"むつき"さんの
寝室らしき座敷へ!
で、布団の傍にはこれまた古い
タイプのステレオが!
更に押入れには、
なぜか坂本冬美さんグッズがたくさん!
あれ!?この家に住むガールって、
もしかして昭和を生きたおじさんか...?
とチョコプラの二人が予想している所で
"むつき"さん帰宅!
とっても可愛らしい、ごくごく普通の女の子!!!
早速チョコプラの二人がこの島に
移住してきたワケを聞いてみると...?
なんでも"むつき"さん、演歌が、
特に坂本冬美さんの曲が大好きで、
自分も冬美姉さんの歌詞にある通り、
"苦労"という名の"苦労"をしてみたいと
思ってた矢先、赤羽のちょい飲み屋で
知り合った編集業界のおじさんから
この島の情報を聞き、あえて苦労する為、
東京はセレブの街、
広尾で送ってきたOL生活を捨て、
はるばるこの"福江島"に
移住してきたんだとか!
で、色んな苦労をしようと、
まずはインターネットの空き家BANKという
全国の空き家情報が載ったサイトで
この築60年の空き家を見つけ、
貯金のほとんどをはたき移住!更に、
なんと借金までしてこの"福江島"に
"おでん屋さん"まで開店したんだとか!
苦労したいから移住してきた、、、と、
動機はちょっと変わっているものの、
東京からはるばる移住してきて島に
"おでん屋"まで作った"むつき"さんは、
今や れっきとした社長!
しかも若い女社長が健気に頑張る姿は
島の人たちの心を動かし、
今では島民たちが何かと
"むつき"さんの力になってくれてるそう!
苦労したい!と思って移住してきたものの、
今は"日本一美しい島"の
心優しい島民たちに囲まれて、
社長にまでなって幸せな生活を送る、
とっても行動力が あって可愛い"
むつき"さんなのでした!!!

★DAIGO VS 移住ガール

写真

今夜は、"地方へ!離島へ!海外へ!!!
ボンビーだったのに思い切って
移住したら幸せになっちゃった!"
ガールSP!!!
続いて移住ガールの元へ
向かってくれたのは、、、
我らがDAIGO!向かった先は、、、
高知県は吾川郡いの町にある山中!
見事に山奥!!!
ここに、"8年間付き合った
彼氏と結婚する為
東京の一流企業を辞めたのに、
あえなく破局!山奥の、
築100年の空き家に たった一人で
移住してきたけど、
30代で社長になったイケてる
男性陣とたくさん出会えるから幸せ!
なボンビーガール"こと
"ゆき"さんが住んでいるという...!
早速DAIGOが築100年の
"ゆき"さん宅へ急行!...と その前に!
事前にスタッフから
"ゆき"さんの東京在住の頃の
写真を見せてもらう事に。
そこに写っていた"ゆき"さんは、、、
DAIGO曰く「P・P」、
つまり、"パーティーピーポー"!!!
めちゃくちゃ派手なガールだったって事!
そんな情報も携えて、
いざ、築100年、歴史ある"ゆき"さんの
自宅に向かってみると...!
さすが100年の歴史!
佇まいも、何もかもやっぱり古い!
昔話に出てきそうな古民家!
しかも、玄関先に干してある洗濯物も
昔話を彷彿させる"モンペ袴"みたい!
あのパーティーガールが
今はどんな風貌になっているのか...?
興味津々で中に入ってみると、
中も相当古い!
玄関から向かって右のスペースは、
ほとんど手をかけた形跡がなく、
それ相応の古さ。
でも、向かって左側は、
リノベーションしたのか住むには
十分キレイなスペースになってる!!!
で、隅っこには東京のパーティーガール時代に
着ていたor履いていたと思われる、
ちょっと派手目な衣装や靴が...!
更に奥に進むと、
おそらくパーティーガールの寝室なのか
小奇麗なお部屋に可愛らしいお布団が...!
と、そこへ今回のパーティ移住ガールこと
"ゆき"さん帰宅!
とっても清楚で美人な女性!
早速、東京のパーティーガールが
何故こんな山中に移住してきたのか
聞いてみると...?
"ゆき"さん曰く、
結婚する為東京の生活を捨て
彼氏の地元である高知県へ
引っ越してきたものの、あえなく破局。
一時は東京に戻る事も考えたけど、
せっかく来たのだから
家賃の安い古民家に住もうとインターネットの
空き家BANK(全国の空き家情報が載ったサイト)
からこの築100年の古民家を見つけ、
住む事にしたんだとか。
ちなみに空き家BANKに載っている
古い空き家に住む場合、家賃が安い!
というメリットの他、行政によっては
リフォーム代を全額や半額出してくれる
物件もあるから超お得!
"ゆき"さん曰く、この築100年の物件は
お家賃1000円!
しかも、前の住人の荷物整理代として50万円、
耐震リフォーム代として182万4000円、
合計232万4000円の補助金が
「いの町」から出たんだとか!
しかも、移住してきてハッピーな事がもう一つ!
ここ「いの町」の移住者支援は補助金だけでなく、
なんと出会いの場も手厚く
支援してくれるんだそう!
定期的に地域のバーベキュー大会や
婚活パーティー等など、移住者には行政から
出会いの場を与えてくれる!
なので"ゆき"さんも今では「いの町」に
住む30代の若き男性社長たちと
たくさん知り合いになれたそう!で、
仕事は近所のトマト畑をお手伝いしてるから
新鮮な野菜も手に入りやすい!
一時は失恋で何もかもを失ったけど、
「いの町」に移住してきて、
恋に仕事に東京のパーティーガール時代よりも
幸せな人生を送ってる、
とっても清楚で美人な"ゆき"さんなのでした!

★劇団ひとり VS 移住ガール

写真

今夜は、"地方へ!離島へ!海外へ!!!
ボンビーだったのに思い切って
移住したら幸せになっちゃった!"
ガールSP!!!
続いては、日本語しか喋れない、
知り合いもいない、手に職もない、、、
それでも全然やってける国、
"台湾"に移住したガールの元へ、
劇団ひとりさんが海を越え会
いに行ってくれました!
ちなみに"台湾"と言えば、
"人気の海外旅行先ランキング"で
不動の1位だったハワイを抜き、
2年連続№1に輝いた、
今日本人が最も注目する熱い国!
台湾の人たちは親日家が多く、
治安もイイ!
美味しいモノも いっぱいあって、
インスタ映えしそうなオシャレな
観光スポットもたくさんある上に
東京から飛行機で3時間半で
行けちゃう近さから、
今じゃ日系企業も多数進出中の
日本人にはこの上なく安心して生活できる国!
そんな"台湾"に、"フラッとやってきたら
あまりに居心地が良すぎちゃって
気付けば4年!
今は30畳の広〜いマンションに住んで、
貯金もしつつ年に3回は
海外旅行に行っちゃってる
31歳のボンビーガール"こと
"きょうこ"さんが住んでいるという...。
早速ひとりさんが"きょうこ"さんの
自宅に向かってみると...?外観は、
ひとりさん曰く「レトロ」。
高級なタワーマンションでもなく、
路地裏に佇む確かに「レトロ」なマンション。
でも、今台湾では まさに「レトロ」な物件や
家具が流行っていて、このマンションも
人気の物件なんだとか!で、
早速中に入ってみると、
さすが30畳だけあって とっても広い!
しかも、リビングや寝室に置かれた
家具家電は全部備え付け!
これ、台湾ではごくごく普通な事で、
家賃はなんと6万4800円。
台湾の中心地で駅から30秒の
立地に30畳の広さと家具家電付き!
東京では考えらえない安さ!
と、そこへ"きょうこ"さん帰宅!
とってもキレイで明るい、
健康的な女の子!早速ひとりさん、
台湾の魅力を聞いてみると...?
まずはやっぱり「食」!
台湾では夫婦共働きが当たり前で、
3食外食もごくごく普通の事。
日本で3食全部外食となると食費が
とってもかかりそうなイメージだけど、
ここ台湾では、安くて美味しい外食屋さんが
いっぱいあるから3食全部外食でも食費に
困らないんだそう!
ためしに"きょうこ"さんがよく行く近所の
刀削麺のお店に行ってみると...?
モチモチ感がたまらない刀削麺、
2人でシェアできるくらいの量で240円!
こ〜んなに安くて美味しい、
ボリューミーなご飯屋さんが
台湾にはいっぱい!
ちなみに"きょうこ"さんの仕事は
日本の雑誌の販売やプロモーションで、
月給は およそ18万円なんだそう。
でも、家賃も食費も安いから、
月々余裕で貯金もできて、
年に数回は海外旅行に行けるんだって!
他にも、タクシー料金や
衣類、光熱費等など、、、
安いものを挙げていくと
キリがない上に日本人の就職先や
住居を探してくれる台湾在住の
日本人スタッフも急増中だから、
海外移住を計画してる人は台湾なら
安心して行けるかも!?
そんな魅惑の台湾で、
人生を謳歌しているとっても可愛い
"きょうこ"さんなのでした!

★森泉 vs自腹で買ったボロボロ空き家

写真

泉お嬢様がガチで!自腹で!
都内の空き家を買って!!!
自分で暮らしやすいお家に
DIYしちゃう この企画、
「泉お嬢様の空き家再生大臣」!!!
4000万円のボロボロな空き家を
自腹で購入した泉お嬢様、
今回遂に、キッチン完成編!!!
あちこち錆だらけだった流し台から
有害物質"アスベスト"の入った
床まで撤去し、スクラッブビルドの精神で、
壊しては作り、
張っては直しを繰り返し、、、
長い月日をかけてリノベーションした
キッチンが遂に完成!
仕上げは雑誌で話題の棚を作って、
キッチンのセンターへ配置!
壁はグレージュに塗って、
床にはヨーロッパでよく見る
テラコッタ調のタイルを張りつめ、
キッチン台には
泉お嬢様こだわりの杉の目が
オシャレな合板を用いた
自慢のキッチンがこちら!
20180213203551.png
20180213203722.png 
更に泉お嬢様、
雨漏り&耐震対策の為、
屋根の修理も開始!
大工さんと一緒に屋根に上ってみると、、、
瓦にヒビが!
所々穴も空いていて、
これでは雨漏りが止むわけもない...!
しかも、瓦1枚1枚がとっても重い!
実は屋根が重いと地震が来た時
お家自体が大きく揺れちゃうので
とっても危険!
って事でこの際軽
い瓦に張替えちゃう!
しかも泉お嬢様、
ただ張替えるだけではなく、、、
ちゃっかり天窓を2つも
取り付ける事に!!!
しかもリモコンで開け閉めできる
最新式の天窓!
これで、薄暗かった部屋の中に
明るい日光が差し、
雨の日も雨漏りする心配もない!
20180213203849.png
着実に作業が進む泉ハウス!
次は何が出来上がるのか...?
お楽しみに!!!